アジア開発銀行(ADB)

アジア開発銀行(ADB)が政府調達のブロックチェーンを推奨

18日にアジア開発銀行(ADB)の政府調達部門のRamanathan Somasundaram氏、SM Quamrul Hasan氏が共同で作成レたポートで、ADBの技術提案としてブロックチェーン技術をアピールした。

ソース:ADB

現在、世界では200~250種類の政府電子調達システムが導入されており、政府の透明性を向上させる事に一役買っているが、システムの孤立した性質から進歩が妨げられている。

著者らは各国システムに展開できるブロックチェーンシステムの開発を提案しており、それぞれが異なる管轄地域のサプライヤーデータベースにアクセスし、ネットワークノードとして参加する様に勧めている。

この方法だと、現在の潜在的な問題を排除する事ができ、各国政府がベンダーの作業状況をリアルタイムで把握出来る様になる。

更に、政府と銀行をサポートする分散型ネットワークを構築する事で、調達から支払いまでのサイクルが自動化され、デジタルで完了する様になる。




関連記事一覧