エアドロップの参加方法を初心者にも分かりやすく解説

仮想通貨を無料配布でもらう価値は?

仮想通貨の世界では、初期のアルトコイン投資家や支援者などに無料で新規トークン(通貨)を配布するエアドロップを行うことがよくあります。世界中に数千種類も存在すると言われているアルトコインで、ある程度の知名度を確保しているのは100種類にも届かないかもしれません。ほとんどは草コインと呼ばれる無名で流通力のないものばかりです。そこで仮想通貨開発者にしてみれば、無料でトークンを広範囲に配り、ユーザーの拡大をしつつ流通性をアップさせる必要が生じます。

また今は無名のトークンでも、仮想通貨が主流の時代が来た時に、それらがドルやユーロや円のように利用価値が出てくることは十分考えられます。あるいは投機筋の煽りで人気が急上昇する可能性もあるので、無料でもらっておくメリットは高いです。

エアドロップへの参加方法:アカウントの作成が肝心

これまでビットコインやイーサリアムなどの初期型アルトコインは、ICO(Initial Coin Offering)という形でプレセールを行い、その売買益を資金にして新規上場させる手法を取ってきました。ただし、これだけでは拡散力が弱い場合があって、ファンやコミュニティ拡大を目指したトークンの無料配布も並行的に行われてきたのです。またICOは投資家の購買力を当てにした拡散方法である以上、その資金を狙った詐欺・scamコインの出現が回避し難く、市場を混乱させるデメリットもある為、健全にアルトコインを普及させたいと願う開発側にとっては無料配布の方が好意的な方法なのです。つまり、投資家ではない一般の参加希望者でも、無料配布で新規トークンを取得するチャンスが増大しているのです。

では、Airdropへの参加方法はどうでしょうか?まずアカウントを設定する必要があります。アカウントには大きく分類して、専用メールアドレス・専用イーサリアムアドレス・Telegram(テレグラム)・Twitterアカウントの4タイプが利用頻度が高いので、この4つを準備しておくようにおすすめします。

まずメールアドレスですが、皆さん既に持っていると思いますが、基本的には専用アドレスをひとつ作っておきましょう。GmailやYahoo!メールなどのフリーアドレスでOKです。

次にMyEtherWalletを取得して、ETH(イーサリアム)アドレスを作成します。現時点での傾向を見ますと、無料配布トークンはETHのものが多く、こちらのアカウントを持っておけばいろいろなAirdropに参加できるはずです。またアルトコインは取引所のウォレット以外では取引・保管ができないので、ウォレットは必ず取得しておく必要があります。

Telegram(テレグラム)アカウントも作成しておきます。日本では馴染みが薄いテレグラムですが、実は世界的に見てアルトコインには欠かせないツールです。いわばLINEのような通信手段だと理解しておきましょう。これでないと無料配布が受けられないブランドもかなりあります。作り方は簡単で、スマホアプリから簡単に作れます。

最後にTwitterアカウントも持っておきましょう。これでプロジェクトのフォローやハッシュタグを拾う事もありますし、リツイートの必要も出てくるかもしれません。

準備が整ったら無料トークンを申し込みましょう

Airdropの種類にはホルダーAirdrop型があり、これはAirdropされる新規トークンの親トークンを特定期間保持すると入手できます。例えばEOSのホルダーにはeosDACが同数配布されています。この型の配布方法は、ほぼイーサリアムプラットフォームベースで行われる為、MyEtherWalletが必要となります。

またハードフォークドAirdrop型では、アルトコインのブロックチェーンがフォーク(新規ブランド化)する度に無料配布されるシステムです。つまりハードフォークによって生まれた新規コインが自動的に配られるということです。

バウンティAirdrop型は、そのアルトコインのコミュニティに参加するだけで配布を受ける事ができますし、新プロジェクトを利用してSNS通信を行うと配布されるケースもあります。一般的にはテレグラムやSlackといったコミュニティを利用するとか、プロジェクトの指定通りにTwitterやfacebookをフォローしたり、メールアドレスを登録することで新規トークンが報酬として与えられるシステムです。

いかがでしょうか?特に難しい手続きは不要で、誰にでもアルトコインユーザになれるチャンスが開かれています。またそうなるように、運営側・開発側は利便性の良い方法を提供してくれているのです。何故なら、不特定多数の人に幅広く利用してもらうことがアルトコインの存在意義そのものだからです。これがフェアー・公正な通貨と期待されている所以でもあります。




関連記事一覧