icoと関連するエアドロップとは?メリットや危険性などと合わせて解説

icoと関連するエアドロップとは

icoとは、ここ数年で日本はもちろんのこと、その他の世界中の国々で主流の資金調達方法となってきている新しい資金調達方法のことを意味します。しかし、早くもそんなicoにとって代わる存在が世の中には登場してきました。それがエアドロップという仕組みです。

一般的なicoはすでに触れている通り、企業が何らかのプロジェクトを立ち上げるために必要としている資金を調達することを目的としています。そのためicoに参加する投資家たちは企業が発行するトークンを手にする代わりに、実際に資金を投じる必要があるのです。しかしエアドロップでは発行するトークンが仮想通貨取引所などで上場する前の段階に投資家達に無償で配られるのです。

このように、これまでのicoでは考えられなかった内容のシステムとなっているのが、このエアドロップと呼ばれているものなのです。

無償でトークンを配布するエアドロップを行うメリットとは

上記の通り、icoというのは企業が何らかのプロジェクトなどを行うための資金を収集するために行うシステムであり、一方のエアドロップは、そのicoで発行するトークンを無償で配るシステムを意味します。では本来有償で発行することで始めて意味を持つトークンを、無償で配布するエアドロップを行うメリットは何なのかというと、代表的なメリットとしては主に3つのものがあります。

メリット1

1つ目のメリットはトークンの保有者を増やすことで、トークンの購入者が自然と増えるようになるということです。エアドロップでは無償でトークンを配布するため、当然icoと比べてより簡単にトークンの保有者を増やすことができます。そして一旦トークンの保有者を増やすことが実現できれば、仮想通貨取引所などから評価を受けて上場が可能になり、それによってトークンが価値を持てば、自然とトークンの購入者も増えることに繋がるのです。このようにして、icoよりももっと自然な形でトークンの保有者を増やしていけるというのが、このエアドロップと呼ばれるシステムの最大のメリットと言えるでしょう。

メリット2

2つ目のメリットは、トークンを無償で配布するという形式を取ることによって、詐欺のような案件を減らせる点です。一般的なicoではプロジェクトを起こし、それを成功させることによって発行したトークンの価値が上がることを目的としていることがほとんどです。しかし、その形式が故にicoでトークンを投資家たちに売った後、プロジェクトを起こすことなく逃げてしまう、いわゆる売り逃げといったようなトラブルも起きやすくなっています。ところがエアドロップでは最初は無料でトークンを配布しており、プロジェクトが成功するまで誰も損をすることがない構造となっていることから、売り逃げなどの詐欺的な行為が起こりづらくなっているというわけなのです。

メリット3

そして残る3つ目のメリットは、エアドロップを行う企業側が、これから行う予定であるプロジェクトの魅力度などを、トークンの配布の様子からチェックすることで計測できる点にあります。エアドロップではこれから行うプロジェクトなどに興味がある方に対してトークンを無料で配布することになりますが、その希望者の数などを見れば、プロジェクトに対しての魅力度や期待度などを測ることが可能になるでしょう。それによって配布の様子からプロジェクトの評価が悪いと判断できれば、早い段階でプロジェクトの改善などに取り組めるようになるのです。このようにエアドロップという仕組みは、投資家たちだけでなく企業側によってもメリットがある仕組みとなっています。

エアドロップの危険性について

エアドロップは上記の説明の通り、企業側にとっても、参加する投資家たちにとっても非常にメリットの多い優秀な仕組みです。しかし、だからといって闇雲に多くのエアドロップに参加するのは安全だとは言えません。なぜならエアドロップという仕組みであっても危険性が潜んでいるからです。例えば、情報の漏洩という面での危険性です。

エアドロップは参加は無料ですが、参加をする時点ではこれまでのicoと同様に、個人情報として名前や住所などを企業側に提供する必要がある場合がほとんどです。つまり企業側が悪意を持った上でエアドロップを行えば、投資家たちの情報をまとめたリストを無料で集めることが可能になります。また、エアドロップは無料であるがゆえに、どの案件も非常に高い人気があります。そのため情報を掴むタイミングが若干でも遅れたりするだけで、参加できなくなる可能性が高いのです。

このようにエアドロップには危険性やデメリットも言えるポイントもあります。そのため、無料で利益があげられるようなトークンが手に入れられるからと、何の事前調査もすることなくエアドロップの仕組みに参加することはなるべく避けるようにしてください。




関連記事一覧