仮想通貨のエアドロップには詐欺のリスクがある?

犯罪集団はたくさんいます

犯罪をする集団はリアルな世界にもたくさんいますが、仮想通貨が取引されているバーチャルな世界にもたくさん存在しています。手口が分かればどんな点に気を付ければ良いのかという点がはっきりできるので、犯罪被害から自己防衛できますけれど、仮想通貨を始めたばかりの人やこれから始めようかなと考えている人にとっては、何をどんな風に気を付けたら良いのか分からない、というケースは少なくありません。そして、そうした人に目を付けて詐欺を働くけしからん集団もたくさんいるのです。

 

エアドロップにはこんなリスクがあります

エアドロップというと、無料でコインを配布してくれるイベントをイメージする人は多いですよね。確かに、ハードフォークなどによって通貨の仕様が変更されたりブロックチェーンのサイズが変わってしまうと、それがきっかけで新しい通貨が誕生するということは起こります。そして、新しく作られた通貨を世間にお披露目したり宣伝してたくさんの人に知ってもらおうというのが、コインを期間限定で無料配布するイベントなのです。

しかし、エアドロップにはもう一つ種類があり、必ずしも宣伝目的というわけではなかったり、無料配布ではないというケースもあります。それが、企業の資金調達を目的としたコインの販売です。詐欺が多いのは、こちらの種類ですね。

中小企業にとっては、プロジェクトを実行するためには資金が必要となります。一般的には銀行などの金融機関に行って資金調達をするわけですが、膨大な書類が必要となったり、厳しい審査を受けなければならず、時間もかかります。しかしバーチャル空間で、プロジェクトの内容に賛同してくれる投資家から直接資金を調達することができれば、企業にとっては必要な資金を短時間で調達することができるでしょう。それが、仮想通貨のコインを配布するというエアドロップなのです。

この場合、コインは無料で配布するというわけではなく、投資家はすでに流通している通貨を使って企業が発行したコインを購入するという形で資金を出資します。そして企業は、集めた資金を換金して、リアルな通貨に変えることができるわけですね。クリーンな資金調達だと、事前に投資家に対してどんなプロジェクトを行うのかという点や、投資家にどんな風にどのぐらいの利益が還元されるのかという点について、ホワイトページという書類に明記されることになります。しかし、詐欺集団の場合には、このホワイトページ自体が存在せず、ただ漠然と資金調達を募っているだけというケースがあるので注意しなければいけません。

 

忽然と姿を消してしまう

投資家は、企業のプロジェクトを応援するという目的でコインを購入しますし、そのプロジェクトの進行具合なども楽しみですよね。しかし詐欺の場合には、資金を調達した時点でその企業は姿を消してしまうことが大半です。投資家にとっては、出資をしてその企業が発行したコインを受け取ったけれど、そのコインの価値はゼロという結果になってしまうでしょう。

そうした詐欺の被害を避けるためには、やみくもにエアドロップに参加するのではなく、企業の資金調達目的のコイン購入イベントの場合には、あらかじめ自分なりにリサーチすることをおすすめします。その企業はいつから運営していて、具体的にどんな実績があるのかという点をリサーチすることによって、安心感が生まれますし、企業に対して信頼することができるでしょう。犯罪集団の場合には、ネットでリサーチしても殆んど情報がないとか、最悪の場合にはネガティブな口コミしか見つけることができないというケースが多いですね。

また、経済的な損失を被らないためには、コインの購入イベントではなくて無料で配布してくれるタイプのイベントだけを厳選するという方法もおすすめです。特に、仮想通貨の取引をこれから始めようかなと考えている人や、始めたばかりの初心者にとっては、どんな部分に犯罪の雰囲気を感じるかを掴めていないことが多いため、ある程度の経験を積んで慣れるまでは、無料配布のイベントだけに参加するというスタンスの方が安心でしょう。もちろん、無料でコイン配布をしてくれるイベントでも、たくさんの銘柄があるので楽しいですよ。

 

こんな詐欺にも注意

犯罪集団はいろいろな所に潜んでいます。例えば、無料でコイン配布をすると言いながら、投資家の個人情報を盗み取ったり、ウォレットの秘密鍵を聞き出そうという集団もいます。配布されたコインを受け取るためには、個人のウォレットやメールアドレスなどは必要ですが、秘密鍵や秘密の質問などの個人情報は全く必要ありません。もしもこうした個人情報を聞かれたり、コインを受け取るためには個人情報が必要だと言われたら、それはかなり高い確率で犯罪の可能性が高いですね。また、ウォレットにもウィルスが入っているリスクがあるため、セキュリティソフトでスキャンすることをおすすめします。




関連記事一覧