icoの対抗馬になると言われるエアドロップとは?

新しい資金調達方法になる可能性も

仮想通貨を上場させるにあたって、資金調達が重要になります。その手法としてこれまで代表的だったのが、icoでした。仮想通貨取引所に上場する前に、トークンや通貨を発行することで保有者を広げる方法です。ちなみにicoの場合、レートは通貨を発行する団体が決めています。icoを行うことで、通貨経済圏を広げることができますし、ノードの参加者を増やすことも可能です。

しかし問題点もいろいろと出てきています。仮想通貨の中には「上場する」といって資金調達を行って、いつまでたっても仮想通貨が取引所で取り扱われないという事例も増えているのです。一種の詐欺的な行為が横行していて、問題視されています。その中で、新しい方式が出てきて、注目を集めています。それがエアドロップ(AirDrop)と呼ばれるスタイルです。

エアドロップとはICOとは異なり、上場前に資金調達を行わないのが特徴です。まずはトークンプロジェクトを発表します。そのうえでプロジェクトに参加してくれる人、トークンを保有する人を募集します。こうすることで資金集めをせずに経済圏を拡大していきます。トークンなどは無料で配布されますから、詐欺などのリスクもありません。

AirDropのいいところはウィンウィンの関係を構築できるところです。まずトークンの保有者はお金を出さずにコインをもらえます。ということはたとえその仮想通貨の価値がゼロに等しくなったとしてもお金を出していない以上、損失を計上することはないわけです。しかも仮想通貨の開発者としてみても、多くの人にトークンを持ってもらえることでユーザーのすそ野を拡大することも可能です。また宣伝効果も期待できます。このように損する人がいないので、ICOにとって代わるスタンダードな上場の手法になるのではないかとして注目されています。

AirDropの方法にはどのようなものがある?

AirDropの方法ですが、大きく2種類の手法が現在使われています。まずはイーサリアムのような有名な仮想通貨を持っている人に配布する形です。この場合、その既存の仮想通貨と一定のレートを決めて、保有量に応じてトークンを配布する形になります。イーサリアムやビットコインのようなメジャーな通貨を使って、AirDropをする事例はすでに何度か行われています。

ちなみにこの方法をどうやって周知するかですが、SNSなどを使われることが多いです。AirDropしようと思っているプロジェクトの運営元や開発者が「○月○日に○○という仮想通貨を保有している人に対してAirDropを行います」という形でアナウンスを行い、応募者を募るわけです。仮想通貨を保有していて、新しいトークンなども持ちたいと思っているのであれば、ネットで最新情報をチェックするといいでしょう。

もう一つの方法として、開発者や運営団体に申し込んで配布を受ける方式です。こちらはスケジュールなども決められているので、ICOに近いスタイルといえるでしょう。これは仮想通貨によって細かなやり方には若干の違いもあります、コインの種類によってはホワイトリストやKYCを事前登録しなければならないケースもあります。こちらもSNSを使って情報提供されることが多いです。リツイートなどを使って、情報をどんどん拡散する方式をとるものも見られます。またこの方式の中でアカウント登録してもらって、ユーザーの新規申し込みの数を増やす形式も過去にはありました。

ICOを行う仮想通貨の中でも併用という形で、AirDropを採用する事例もあります。例えばICOにかける前にマーケティングやバウンティのような感じで、AirDropにてサンプリングを行うケースも見られます。そのほかにはICOを行ったところ、当初想定していたトークンをすべて配布しきれなかった場合に、余り物を見切り品のような形でAirDropにて配っていくこともあります。

上場すれば大きな利益になる可能性も

AirDropした仮想通貨が確実に取引所で上場する保証はありません。上場前の段階では、まだ値はほとんど付かないでしょう。知名度も低いですし、まだ取引も活発ではないためです。しかしもし取引所に上場して値が付けば、一気にその仮想通貨は価値を持ちます。過去の事例をあくまでも参考にしますが、数百円や種類によって数千円の値が付くこともあります。無料でもらったトークンがこれだけの価値が付けば、かなり大きな儲けが期待できます。さらに活発に取引されれば、さらなる高騰を招くことになった大きな利益を上げられる可能性もゼロではありません。

無名の仮想通貨がそんなに簡単に上場されるのか、という疑問を抱く人もいるでしょう。しかし世界の取引所の中には、草コインと言われるマイナーな通貨を積極的に取り扱っているところもいくつかあります。ですから無名でも将来性があれば上場され、儲けの得られる可能性は考えられない話ではありません。

無料、タダのエアドロップを餌に詐欺に巻き込まれる

無料、タダのエアドロップを餌にし客を呼び寄せて、詐欺にはめ込む様な手口も横行しているので、注意が必要です。実際にツイッターなどでは、無料で仮想通貨を差し上げると言う内容のツイートに応募したら、お金を取られたと言う話は山ほどあります。

米国などでは、そういう手口の詐欺が横行しているとし注意喚起が行われています。日本でも無料を餌にしたり、仮想通貨やICOで被害に遭った人をターゲットにしたり、エアドロップで誘ったりする悪徳業者が多数存在しているので、騙されない様にして下さい。タダより怖いものは無いと言う事もあると肝に銘じておきましょう。




関連記事一覧