アント・フィナンシャル

アント・フィナンシャルがブロックチェーンを使い香港からフィリピンへ送金テスト

中国のアリババグループの金融関連会社で世界最大のモバイルとオンライン決済プラットフォーム「Alipay」と 、世界最大のマネー・マーケット・ファンドの「余額宝」を運営しているアント・フィナンシャルが、ブロックチェーンを利用し香港からフィリピンへ送金のテストを行い、約3秒間で取引を完了させた。

ソース:ブルームバーグ

香港のAliPayHKからフィリピンのグローブ・テレコムが運営するモバイルマネー(GCASH)へ送金をテスト。GCashはアント・フィナンシャルとグローブ・テレコムの共同プロジェクトです。

アリババCEOのジャック・マー氏は、フィリピンでのブロックチェーンの資金送金の台頭によって、アント・ファイナンスが将来的に世界的な公共サービスとして確立すると述べている。

「ブロックチェーンを使って国境を越えて資金を移転する事は、過去6か月間に私が最も興味を持ったプロジェクトの1つです。香港を皮切りに、今後もAliPayHKサービスを世界中の他の地域にお届けします。直ぐにお金持ちになる技術としてブロックチェーンを見るべきでは無い。世界17億人が銀行口座を持っていませんが、携帯電話は持っています。」と語っている。

一方でマー氏はブロックチェーン技術に関しては賞賛しているが、ビットコインなどの仮想通貨に関してはバブル状態だとして警鐘を鳴らしている。




関連記事一覧