【画像付き】Zaif(ザイフ)口座開設・口座登録・手続き手順まとめ (32)

ICO:仮想通貨ArtPro(APT)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨ArtPro(APT)とは?特徴・注目点

芸術品の売買取引は、興味がなければほとんど関わる機会が少ないと言えます。また、美術館などでの鑑賞はあっても購入というのはなかなかありません。そもそも芸術作品の流通というのは、何らかの利権が絡んでいたり、限られた仲介者への高額な手数料なども介在しているというのが、現状にあるようです。そのような問題を解決するために、ArtProのプラットフォームを活用して民間ディーラーやアーティスト向けに市場の活性化を図ります。

 

ArtPro(APT)の注目点1.オンライン市場を創造する

2.偽造品を排除する

3.アートの社会を大衆へ広める

 

ネット上で芸術作品の売買が盛んになる可能性

芸術作品のWEB市場はほとんどありません。それは、その作品の真偽だったり価格の正当性などの課題が多くあります。これらをブロックチェーン技術を用いて、安心して適正価格で手軽に取引できる環境システムを構築しています。また、金融市場に左右されにくい資産運用として、一部の資産家には親しまれてきた経緯もありますが、一般大衆に向けた市場の開拓にも貢献すると思われます。

 

ユーザー評価システム

ArtPro Marketplaceは、購入者と販売者に独自の基準を設けて数値化されてます。これは信頼を高めることと、透明性を促進する目的があります。

 

仮想通貨ArtPro(APT)基本データ

発行元
シンボル(通貨記号) APT
公開日 2018年9月24日
総発行枚数と販売枚数 5億枚(2.5憶枚)
ICO価格 プレセール2018/9/24~10/22(プレセールのみ最低5ETHから )
クラウドセール 2018/11/11~12/14
1APT =0.15USD
ソフトキャップ$5,000,000
ハードキャップ$20,000,000
ETHで購入可能
ブロックチェーンタイプ ETHベース
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら
DISCORD

 

仮想通貨ArtPro(APT)の将来性・今後の見通し

課題として作品の詳細情報を購入者が充分に把握できない環境であることが、大きな妨げとなっています。WEBやブロックチェーンの利点を活かして利便性は確実に良好になります。あとは、ユーザーが気軽にアート作品に興味を持たせることも必要です。もちろん、アーティストのPRも同様です。これによって大衆の購入者で市場が創造できれば、便利で有効なトークンになると思います。

 

仮想通貨ArtPro(APT)対応ウォレット

MyEtherWallet (no download needed)
MetaMask (Firefox and Chrome browser addon)
Mist (Desktop)
Parity (Desktop)
imToken (Mobile)
Trust(Mobile)
Cipher(Mobile)

 

仮想通貨ArtPro(APT)の評判・口コミ

仮想通貨ArtPro(APT)評価ICObench

仮想通貨ArtPro(APT)ICObench評価

仮想通貨ArtPro(APT)評価ICOmarks

仮想通貨ArtPro(APT)ICOmarks評価

仮想通貨ArtPro(APT)評価TrackICO

仮想通貨ArtPro(APT)TrackICO評価

総じて高い評価となっています。

 

仮想通貨ArtPro(APT)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

未定




関連記事一覧