百度(Baidu、バイドゥ)

中国の検索エンジン大手の百度が百科にブロックチェーン技術を使用

中国の検索エンジン大手の百度(Baidu、バイドゥ)はオンラインでユーザーが作成した百科事典である百度百科(Baidu Baike、バイドゥひゃっか)をWikipediaと同等の精度とトレーサビリティを確保する為に、ブロックチェーン技術を使用するとしています。

百度百科ユーザーは、ブロックチェーンに記録された過去のエントリー履歴(修正や加筆の時期と作成者)を見る事が可能になります。

百度のブロックチェーン部門のトップであるChai Qiaozi氏は「ブロックチェーンテクノロジーはユーザー間で百度百科の信頼性を高め、編集履歴を保護し編集された情報を確認出来る」と述べた。

百度はブロックチェーンテクノロジー関連の開発を強化しており、今年の初めにブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)プラットフォームを発表、先月にはブロックチェーンを用いた写真共有プラットフォームを発表している。




関連記事一覧