Bigone

仮想通貨取引所「BigONE」日本居住者へのサービス停止、アクセスも禁止に

ソース:BigONE

親愛なるユーザー

BigONE(ビッグワン)は日本の新規ユーザーにサービス提供する事を中止しました。

BigONEは2018年7月30日から、日本のIPアドレスを使用してのアクセスを禁止します。日本の既存ゆーさーが2018年7月30日までに仮想通貨を引き出す事を通知、サポートします。

上記の様に日本のIPアドレスからのアクセスを禁止するとまで書いているので、早めに資産の引き出しを行っておいた方が良いでしょう。

MtGoxの管財人でもあるビットコイン取引所Kraken(クラーケン)の撤退、世界的な仮想通貨取引所であるHitBTCやHuobiの撤退に続き、Bigoneも撤退を決めました。この背景にはもちろん日本の金融庁の圧力があります。世界最大の取引所であるバイナンスに対しても警告が出されている状態。

規制強化を行って保護する事は大切ですが、仮想通貨やブロックチェーンの活用との両輪でなければいけません。最先端を走っていた日本ですが、いつの間にか二流国家、三流国家になっていく様相です。




関連記事一覧