バイナンス(Binance)

バイナンスにUSD Coin(USDC)が上場、17日午前3時から取り扱い開始

世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、Circleが最近発表したステーブルコインUSD Coin(USDC)の取り扱いを協定世界時(UTC)17日午前3時から開始する事を発表した。米ドル建て債券のBinanceコイン(BNB)とビットコイン(BTC)に対する取引ペアを開設する。

ステーブルコインは法定通貨の価値に価格が固定された仮想通貨で、1対1で交換が出来る。

USDCは、ドルをトークン化しパブリックなブロックチェーンで、その価値を容易に移転する方法として、CENTERコンソーシアムの支援を受けて開発され、Circleによって9月に開始された。

CENTERコンソーシアムの創設メンバーの1つである、米大手仮想通貨取引所のコインベースでは10月24日からUSDCの取り扱いを開始している。日本でもLiquid(旧コインチェック)がUSDCの取り扱いを開始している。

ドルペッグのステーブルコインとしてはテザー(USDT)がこれまで人気があったが、運営の不透明さから、透明性を確保している物へと投資家の目は移行しつつある。USDCは監査法人と契約し、USDCとUSDの保有量と発行量の証明書を毎月発行し透明性を確保するとしている。




関連記事一覧