Bithumb(ビッサム)

Bithumb(ビッサム)新規口座開設は停止後から取引量が大きく減少

Bithumb(ビッサム)新規口座開設停止、最悪9月には取引不可能になる可能性も

先日、韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が8月1日から新規口座開設は停止、最悪の場合9月からは開設済みの口座も使用する事が出来なくなる事を記事にしたが、発表通り8月1日から新規口座開設停止になっている。

そのビッサムの取引量が大きく減っている。

停止前の7月31日の24時間の取引量は約3億5000万ドルだったが、停止後8月1日~3日までの取引量平均は約2億ドルと約40%も減少している。

韓国政府は今年1月に透明性を高める為に匿名口座を禁止、実名確認を義務付けており、継続的なマネーロンダリング対策の努力を行わせる為に、6ヶ月毎に再契約する事にしている。

NH農協銀行とビッサムは1ヶ月の猶予期間を持って再契約交渉を行う事になっているが、猶予期間中は新規口座発行は中断されている。

NH農協銀行とビッサムが猶予期間中に再契約を結ぶと言うのが大方の予想だが、最悪の場合、交渉不成立となり開設済みの口座も使用する事が出来なくなる可能性は残っている。




関連記事一覧