Bithumb(ビッサム)

韓国最大の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)でハッキング被害、実は過去にも被害に

韓国の大手仮想通貨取引所ビッサムが20日午前、約350億ウォン(約34億6千万円)相当の仮想通貨が19日夜から20日未明に掛けて盗難に遭ったと発表した。同社は顧客被害分は同社が補填するとしている他、現在残っている仮想通貨の盗難防止措置を取り、安全確認されるまでは入出金手続きを停止する凍結措置を取った事を明らかにした。

ソース:ビッサム

グローバル仮想通貨取引所ビッサムです。

会員は別途お知らせがあるまで入金を即刻中止して下さい。

昨夜遅くから今日までの間に、約350億ウォン規模の一部仮想通貨が流出した事実が確認された。その仮想通貨は弊社が所有する分で補填する予定であり、会員の資産は安全なコールドウォレットに移動し保管されている事をお知らせ致しますので、ご安心下さい。

正し、入出金サービスの十分な安全性を確保するまで、暫く取引サービスの他、仮想通貨入出金やウォン出金サービスの提供を停止しますので、この点ご了承をお願い致します。

入出金サービスの再開日程など詳細は継続的にお知らせします。

会員サービス利用に不便をお掛けし心からお詫び申し上げます。当社は会員の資産保護を最高の目標にして早急にサービス再開に全力を尽くします。

ビッサムは韓国では最大取引量がある仮想通貨取引所

韓国の大手仮想通貨取引所ビッサムは韓国では最大取引量がある仮想通貨取引所です。韓国3大仮想通貨取引所の1つで、ビッサムの取引量は7割程度を占める程にありました。取り扱いコインはBitcoin、Ethereum、Dash、Litecoin、Ethereum Classic、Ripple、Monero、Zcash、Qtum、Bitcoin Gold、EOS、Bitcoin Cashの12種類。

今年3月時点での取引量は世界5位の大きな取引所です。日本語対応しており、サポートセンターも日本語対応スタッフがおり、日本人の利用者も多くいると思われます。

コインレールでハッキング被害、韓国での被害額では最大、40分で10種36億940万コイン、400億ウォン(約41億円)相当、全体の30%

韓国のコインレールでも最近ハッキング被害がありました。こちらは世界的に見たら小規模の取引所ですので影響は特になし。被害額の規模では同程度でも国内最大、世界的にも取引量が大きな取引所ですので、心理的な影響は避けられないと思います。

Bithumb(ビッサム)は過去にもハッキング被害に遭っている

セキュリティにも多くの投資をしてきたとするビッサムだが、2017年7月に氏名、電話番号、メールアドレスなどのユーザーの個人情報約3万人分が流出し、被害額は数十億ウォンとされました。ビッサムの声明では原因はサーバーハッキングでは無く。社員個人のPCがハッキングされた事としていたが、今回の件も併せてセキュリティ意識が低い事が露呈した。




関連記事一覧