Bitstamp(ビットスタンプ)

ビットスタンプが仮想通貨の市場価格操作を監視プラットフォーム導入を発表

欧州最大級の仮想通貨取引所Bitstamp(ビットスタンプ)が市場価格操作を監視する為のrisium Surveillanceプラットフォームの導入を発表した。ビットスタンプは、Irisiumの全体的な監視プラットフォームを使用して、市場活動をより詳細に把握し不正行為が無いかを監視する。

私たちの目標は、ビットスタンプの顧客保護と市場の完全性を強化する事です。ビットスタンプは、仮想通貨業界が成長し、進化を続ける中で重要な役割を果たしていると考えています。

CEO、創設者NejcKodrič氏は「我々は長期的に仮想通貨へ取り組んでいる」とし「私たちは、正確な需要と供給を反映した公正で秩序ある市場を提供する事を願っています。業界が成熟する為には、効果的な市場モニタリングが不可欠です。私たちはIrisiumと密接に協力しており、重要な経験を活かしてより堅牢で透明な取引の場を顧客に提供します」と述べた。

Irisiumのウェブサイトでは、同社は市場濫用行為規制(MAR)、エネルギー市場の統合性及び透明性確保に関する規則(REMIT)、金融商品市場指令(MiFID)を遵守するとしている。

更に「このツールは、規制当局が取引活動を特定、追跡、調査出来る様にする為のツールと分析データを提供している」、「既に欧州規制当局によって利用されている」としている。

多くの参加者と資金を集める為にも市場の健全性、透明性を高める事は非常に重要だ。




関連記事一覧