世界の金融業界は昨年ブロックチェーン技術に17億ドル費やす

世界の金融業界は昨年ブロックチェーン技術開発に17億ドル費やす

世界の金融業界は、昨年ブロックチェーン開発に17億ドルを使った。また、金融機関は昨年ブロックチェーン技術関連予算を平均67%増額した事が分かった。

米コンサルティング調査会社Greenwich Associates(グリニッチ・アソシエイツ)の市場分析部門の副部長リチャード・ジョンソン氏が12日に発表した内容によると、ブロックチェーン技術の開発に参加した200程度の企業を対象にインタビューを行ったところ、昨年ブロックチェーンの研究と関連した商品開発に割り当てた予算を1000万ドル以上に増やした銀行も調査対象の10%に達していた。

また調査対象の14%は既にブロックチェーンベースのソリューションを展開している。更に金融機関が行っているブロックチェーンに関するプロジェクトの75%以上が、今後2年間以内に実証実験段階から、生産段階になると期待出来ると報告した。

ジョンソン氏によると、インタビューに応じてくれた経営陣の半分以上がブロックチェーン技術を導入する過程が予想よりも大変だったと答えたとしている。加えてブロックチェーン開発に専念する従業員の数は同じ時期から倍増していた事も分かった。

世界各国の金融機関がブロックチェーン技術の採用を積極的に行っている事が分かる。




関連記事一覧