20180929BTCday

ビットコイン三角持ち合いでレンジも狭くなりブレイクも近いか

上記の画像は2018年9月29日のBTC/USDの日足チャートです。ビットコインのチャートを見ると分かり易く、上値を切り下げ、下値を切り上げて三角持ち合い状態となっています。株式市場では、この状態はこの後に上か下に放れるとされています。レンジも狭くなりブレイクも近い様相となっていますが、三角持ち合いの場合どちらにブレイクするか予想するのが難しいです。と言う事で、もう少し長い期間で見て見ましょう。

20180929BTCday02

直近を見ると上昇ムードもありましたが、長い期間で見ると先行き弱気の三角持ち合い状態となっています。このチャートの時は下に放れる事が多いです。




関連記事一覧