仮想通貨、差し押さえ強制執行できず「技術的に困難」各国の対応は?

ICOや仮想通貨で使われるバーンとはどういう意味なのか

icoに参加しようとicoのサイトやホワイトペーパーを見てみると、「余剰トークンはバーン(burn)される」との記載を見かけることがあります。また、ネット上には、ある仮想通貨がバーン(burn)するのでは?という噂が流れることもよくあります。しかし、その「バーン(burn)」が何なのかがわからないという方も多いはずです。そこで、icoや仮想通貨で言われるバーン(burn)という言葉について解説します。

仮想通貨やICOのバーンとは?

バーン(burn)とは、その英単語の意味からわかるように「燃焼する」とか「燃やす」という意味の言葉です。icoや仮想通貨で言うところのバーン(burn)も、トークンを燃やしてなくしてしまうという意味で使われています。仮想ですので実際に燃やせるわけではありませんが、燃やしたのと同じように二度と使えなくするための設定をするということです。たとえば、誰からもアクセスが不可能なウォレットに入れてしまえば、その仮想通貨は永遠に使えません。では、なぜ仮想通貨を二度と使えなくするのでしょうか。

バーン(burn)する理由

仮想通貨をバーン(burn)すると、その通貨の総発行枚数が減ってしまいます。総発行枚数が減ればそれだけ希少価値が高まるということですので、開発者がその通貨の価値を高めたい時などにバーン(burn)を実施するというわけです。流通量が少なくなれば希少価値が高まると予想した人たちが、その前に少しでも多く保有したいと考え、その結果、価格が高騰することが多いのです。

バーン(burn)によって保有する仮想通貨が減ってしまうのか

バーン(burn)が行われると、その仮想通貨の総発行枚数が減ってしまいますが、現在、個人が保有している通貨まで減ってしまうわけではありません。バーン(burn)で二度と使えなくなってしまうのは開発者が保有する分だけです。ですので、安値で購入した現在保有している仮想通貨がバーン(burn)されれば、価値が高まって大きく値上がりすることも予想されます。

仮想通貨がバーン(burn)するのは、それだけ開発者がたくさん通貨を保有しており、取引所に上場する際などのタイミングで意図的に行われると考えてよいでしょう。つまり、仮想通貨の価値が上がるかどうかは開発者次第とも言えるわけです。

バーン(burn)で高騰した仮想通貨の例

では、バーン(burn)によって価格が高騰した仮想通貨の例を見てみましょう。一つ目は「ALIS」です。誰もが知るほど有名というわけではありませんが、知る人には注目されている存在です。そのALISが、icoで売り切れなかったトークンを全部バーン(burn)すると発表し、2017年11月に実際にバーン(burn)されました。それ以前は5億枚の発行枚数でしたが、バーン(burn)によって7500万枚まで大幅に減らしたのです。全体の8割以上を二度と使えなくしてしまったわけで、その事実だけでも相当な注目を集めました。

もともとポテンシャルのある仮想通貨だったため、チャートは荒れに荒れ、バーン(burn)の当日まで何度も高値を更新し、バーン(burn)当日には暴落後すぐに高騰するという動きを見せました。二つ目は、2017年12月にバーン(burn)が実行された「EMC2」です。EMC2は過去のバーン(burn)の例と比べてもとてつもない結果になりました。バーン(burn)の実施が発表されてから実施の3日前までに実に20倍もの上昇を見せる結果となったのです。

バーン(burn)の初動に慌てて乗らない

上記のような高騰の例を聞くと、バーン(burn)の情報をいち早くつかんで初動に乗りたいと考える方が多いのも当然です。ただ、バーン(burn)による初動とは、実施することが発表された時点であり、一瞬のうちに高騰してすぐにまた下落してしまうことがほとんどです。ビットコインの高騰など想定外の外的要因などがない限り、一度高騰してからすこし下落した辺りで維持します。ですので、初動で最も高値を付けた時に買うのはあまり得策とは言えません。

そもそも、バーン(burn)の初動をつかむのは現実的ではありません。というのも、バーン(burn)の情報を個人でつかむのはなかなかできることではないからです。コミュニティ内でさりげなく情報が出されることが多いため、一つの仮想通貨を常に監視しているのでもない限り、個人が一人でバーン(burn)の初動に乗るのは相当難しいことと考えてください。また、バーン(burn)が実施されたところで、それほど価値の変わらない仮想通貨も多いです。そもそも最初から評価されていない仮想通貨なら、バーン(burn)したところで価値が高まることはありません。

高騰したまま維持するものもたまにはありますが、バーン(burn)後に価値がどうなるかはその仮想通貨の特性次第ですので、バーン(burn)があるからといって必ず高騰すると考えるのは危険です。




関連記事一覧