チャート分析

ビットコインチャート分析:値幅の狭いレンジ相場になりつつある

株やFXをやっている人にはお馴染みのチャートですが、下降トレンドの中で徐々に狭いレンジなりつつあります。もう少し狭くなってくると踊り場状態になります。踊り場は相場が休憩している様な感じで、次の方向に行くためにパワーを溜めている状態となります。(取引量が少ない物はこれに当たらず)

パワーを溜めた後は上下どちらかにブレークしやすい状態と言えます。以下の日足チャートから見ると、9月末頃にかなり狭くなりヨコヨコの動きになってブレークするかも知れません。この辺りの時期は注意が必要です。

20180914btc1day01




関連記事一覧