ビットコイン・仮想通貨のチャート・ローソクとは?

ビットコイン・仮想通貨のチャート・ローソク足の分析・見方・解説・解析方法

ビットコイン・仮想通貨のチャート・ローソク足の分析・見方・解説・解析方法を紹介しています。初心者の方は勿論、取引が上手くいかない人も、ぜひ参考にして下さい。

ビットコイン・仮想通貨のチャート・ローソクとは?

株式、FXなど金融商品を扱うときに「チャート」といわれるグラフがあります。価格の動きがわかるようになっているものですが、仮想通貨にも「チャート」があり仮想通貨の価格のリアルタイムな情報がわかります。

価格のリアルタイムな動きを把握することにより買い目売り目の判断材料になり、利益を生み出すことや損をなるべく最小限に出来るようにするための大切なものですので取引をする際に必要な知識として取り入れましょう。

チャートの見方が理解できないと、これから下げそうですよ!のサインや上げるかもしれません!などのサインを見逃してしまい見当違いの売買で損失が出ていくことにつながります。少しでも役に立てるように仮想通貨・ビットコインの「チャート」や「ローソク足」の見方を一緒に見ていきましょう。

 

仮想通貨・ビットコインのローソク足は必須の知識

ビットコインのローソク足の見方を解説

「チャート」を見てみるとただの線グラフのものや「ローソク足」といわれるものがあります。この「ローソク足」ですが、期間をきめその初めに付けた値段(始値)から終わりにつけた値段(終値)期間中の最も高い値段(高値)安い値段(安値)の4つの情報で1本のローソクのような形に作られたものです。(期間とは秒単位のものから分単位、一日単位、月単位などあります。上記画像では日足、1日の動きが1本のローソクとなっています。)

また陽線(始値より終値が高い、画像では赤色)や陰線(始値より高値が低い、画像では青色)というものがあり、これがローソクのロウの部分を形成してます。さらにヒゲと呼ばれる始値、終値より高値、安値が上回る場合に出現し、これが芯の部分になりローソクのような形を形成してます。

「 ローソク足」がどのようなものか理解したところで、チャートを分析し今後上昇していくのか、または下がっていくのかのある程度の検討を付けるために酒田5法といわれる相場を読む5つの方法を紹介したいと思います。

株価解析・予想で使われる酒田5法とは?

株価解析・予想で使われる酒田5法とは?

酒田5法では「チャート」の見方において基準となる5つの抑えるべきポイントを明記しており「チャート」の方向性を見極めるための大切な基礎になりますので覚えておいてください。

■三山:値動きが上昇、下落を3回続けて上昇の高値が3回同じぐらいの値に揃っていたらその値を基準に上値を想定し売りを入れる基準にします。

■三川:三山とは逆で下落、上昇の動きを3回続け、下値が3回同じぐらいの値に揃っていたら下値を想定し買いを入れる基準にします。

■三空:上場傾向、下降傾向の局面から値が落ち着き値動きの小さい状態が続くと相場がが急変する可能性が高く、上昇の局面なら売り下降局面なら買いといった判断材料になります。

■三兵:3営業日連続での上昇、下降が続いたときの値動きの幅と前日の終値との比較で動きが大きければ持続性があり、値幅が小さくなってくれば反転の可能性があることを示唆しています。

■三法:上昇、下降局面で細かい上下を挟んだのちにさらに上昇局面なら高い陽線、下降局面ならさらに低い陰線がでればその局面が続く可能性があることを表してます。

少し難しいかもしれませんが、「チャート」の検証を何度も重ねることで自然と身につくことができるので、地道にチャートを見続けることが一番の近道となります。

仮想通貨・ビットコインチャートの移動平均線

ビットコインや仮想通貨の移動平均線の見方を開設

「ローソク足」に伴って大切なのが移動平均線の見方です。移動平均線には短期線、中期線、長期戦といわれる3つの線があり集計の期間が違うこの3つの線の動きの方向によって上昇局面か下降局面かの判断材料になります。
またこの平均移動線が「ローソク足」の上か下にあるのかも特に短期間での上値、下値の反転ポイントの基準になりますので押さえておく必要があります。

まず3本の線の動きですが長期の移動線よりも他の2本の線が上で伸びているか、下で伸びているかで上昇、下降局面を見極めることができます。また両方の局面から反転するポイントとして「ゴールデンクロス」「デッドクロス」といわれるものがあり3本の線が交差し逆方向に進むことににより転換期の訪れを示唆します。特にこのクロスが出ると反転も大きくなる傾向があるようです。

「ローソク足」と平均移動戦の関係性としてローソク足より平均移動線が上にある時はその線に触ることで上値の上限の可能性があり移動平均線が下にあるなら下値の底のの可能性があるとの見方の参考になります。まずは短期線との関係、そこを抜けると長期線となりますのでそれ以上ローソク足が抜けた場合は反転の可能性があり、注意しての取引が必用になります。

もう1つの反転の仮想通貨・ビットコインの見方

初めに高値、安値でできるヒゲのことを説明しましたが、このヒゲで反転するポイントを見極める方法もあります。「ローソク足」のロウの部分が長くヒゲが短いときはそのままの局面になることが多いですがロウの部分よりヒゲが上下どちらかに長いと反転のポイントになる可能性があります。

下に長いヒゲが出た場合上昇の可能性がありまた、上に長いヒゲが出た場合は下降の可能性があります。ヒゲの長さがポイントとなりますので長いヒゲが出たときは注目が必用です。

仮想通貨・ビットコインの「チャート」と「ローソク足」の見方を説明してきましたが100%この通りに動くわけではありません。しかしこの知識を頭にいれておくことでリスクを最小限に抑え、挽回する可能性があるということを覚えておいてください。




関連記事一覧