中国

南京市がブロックチェーン技術開発に1630億円規模の投資ファンドを造成

中国江蘇省の省都である南京市がブロックチェーン技術の開発の為に100億元(約1630億円)規模の投資ファンドを造成したと発表した。

ソース:ZDNet

23日、南京市は産業系イベントで中関村ブロックチェーン産業連合(Zhongguancun Blockchain Industry Alliance)と共に新規ファンド造成の事実を明らかにした。今回のイベントには中国共産党南京市副長官など幹部も参加している。

南京市はファンドの取り組みとしてブロックチェーン企業を育成する予定。ファンドの投資対象はインターネット資産を管理しブロックチェーンミドルウェアを提供するUDAP財団と協議される。南京市は今後も同市に拠点を置くブロックチェーン企業を支援する方針だ。

中国では4月に中国政府が浙江省の省都である杭州市に、政府主導のブロックチェーンファンドを造成した事を明らかにしている。

中国は現在既に多数のブロックチェーン特許を取得しており、この分野で世界のリーダーとなりつつある。政官民が協力しお金と労力を大々的に投資しており、日本にとっては中国との差が開く一方になっている。




関連記事一覧