中国

中国「ブロックチェーンが金融サービスを改善させる、法の助けが必要」

中華人民共和国工業情報化部(MIIT:旧情報産業部)傘下の研究所がブロックチェーンが金融サービスを改善させる事が出来ると発表した。

24日、中国の中国情報通信研究院(CAICT)は、中国のIT企業テンセントと共同研究を行い「金融界に及ぼすブロックチェーン技術の影響」をホームページを通じて発表した。

研究ではブロックチェーンの金融分野への適用について、8つの解釈を出し多角的な分析を行った。

研究レポートにはブロックチェーン技術が「支払い方法の効率化、低コスト、強い流動性、平等な権利、従来の支払いより優勢」と書かれている。また「ブロックチェーンが高額決済システムにも効率性、透明性、柔軟性、信頼性を持っている」とし、ブロックチェーン技術の利点を挙げた。

CAICTはレポートで、投資ファンド、証券会社、銀行などにも共有取引プラットフォームを構築する事が出来るとし、最終的にコストを最小化した取引環境作りが可能になるとした。

レポートでは「仮想通貨には厳格な金融統制が必要であり、ブロックチェーンには最大限の利点を活用できる法的措置が必要である」とし、中国政府が仮想通貨に対しては規制を強めるが、ブロックチェーンに関連産業に対しては国を挙げてサポートし研究すると言う姿勢と同様の姿勢を見せた。

CAICTはブロックチェーン技術が金融分野の基本的なインフラストラクチャを変え、全体的な機能を改善させるとし、法の助けが無いとブロックチェーン技術が金融分野に適用されないだけではなく、活用性も保証されないと指摘した。

MIITは政府の情報通信分野の方向性を提示する部署であり、今月に入ってブロックチェーン技術を集中開発する必要があると述べており、中国がブロックチェーン技術の研究や開発に注力していく事が伺える。




関連記事一覧