icoとクラウドファンディングの違いとは?

両方とも資金調達の手段である

インターネットなどを見てみると、icoとクラウドファンディングを比較していたり、違いについて紹介したりしているサイトが見られます。なぜこの両者を並列で紹介されているのか、それは共通項があるからです。それは両方とも資金調達の手段であることです。

何か事業・プロジェクトを行うにあたって、そのアイデアがどんなに優れたものであっても、お金がなければそれを実行できません。ビジネスをするにあたってお金は欠かせないツールといえます。自分たちでお金を準備できればいいですが、プロジェクトを行う場合それなりのまとまった資金が必要になることもしばしばです。そこでほかの人たちからお金を出資してもらって、プロジェクトを進めていくのがよく使われるスタイルです。

資金調達と言われてピンとくるのが、銀行融資ではありませんか?銀行融資を利用すればまとまった資金調達ができますし、低金利・長期借り入れも可能です。しかしその反面、審査が厳しくなっています。銀行融資ではそれまでの実績などをベースにして、貸し出しの可否を判断する傾向が見られます。

ベンチャー企業や仮想通貨の開発者など、実績の乏しい人が申し込んでも、思い通りの融資を受けられない可能性も高いでしょう。また、銀行の審査は時間がかかるため、お金が必要な時までに審査通過しても融資を受けられない事態も十分考えられます。銀行融資に変わる資金調達手段として、近年にわかに注目を集めているのが、icoとクラウドファンディングなのです。

ICOは仮想通貨を使った資金調達

両者は資金調達の手段であるところは共通していますが、そのアプローチが異なります。icoの場合、仮想通貨を使った資金調達であるところが特徴です。投資家に出資を求めて、お金を出してもらうとその見返りとして独自のトークンと呼ばれる仮想通貨を発行します。このトークンがいくら発行されるか、事業者側が一定のレートを提示して出資者を募る方式になります。

株式会社の場合、資金調達するにあたって出資者を募り、その見返りとして株券を発行します。この株券が仮想通貨に変わったものとイメージしてもらえればわかりやすいでしょう。ではこのトークンをどうするかですが、もしかすると将来的には取引所で取り扱われるかもしれません。これを上場といいますが、取引所でこのトークンを売却します。もしトークンの価格が上場することで値上がりすれば、その差益が手に入るわけです。ICOに参加する投資家は、この利ザヤを手にするために出資しているといえます。

一般的には事業者がSNSなどを使ってICOすることを発表します。もし出資したいと思ったのであれば、資金を提供します。この時ビットコインやイーサリアムのような流動性の高い仮想通貨で資金を集めるのが一般的です。事業者は取引所などで出資してもらった仮想通貨を法定通貨に換金して、事業資金として活用するのが一般的です。投資家に対しては出資してもらった見返りとしてサービスなどを提供します。

クラウドファンディングはネットを使った寄付方式

一方クラウドファンディングは、インターネットを使って不特定多数の人に対して出資を募る方式になります。現在ではいろいろなスタイルがあって、出資や融資的な性格のものももちろんあります。また寄付に近い性格を持ったファンディングも少なからず見られ、出資者は事業者に対して見返りをあまり求めない傾向が見られます。ICOとの大きな違いは、仮想通貨ではなく法定通貨を使った資金調達である点です。国内でファンディングをする場合には、日本円で資金を集める案件が大半です。

またICOの場合、投資をするしないの選択肢に加えて、投資して手に入れたトークンを取引所で他人に売るかどうかの選択肢もあります。しかしこのファンディングの場合、投資をするかしないかだけの選択でお金を出すかどうか決める形になります。ファンディングの方がICOと比較すると、より原始的なやり方といえます。前々からあった出資方法を、インターネットという最新のツールを介して行っているといった感じでしょうか?

ファンディングの場合、ICOでいうところのトークンのような見返りが何になるか気になるでしょう。これはプロジェクトの性格によって変わってきます。商品を製造する案件であれば、そのものを渡すケースもあります。またサービスを提供しているのであれば、そのサービスが受けられるものが大半です。またそれらとは別に特典を設けている場合もあります。株式投資のようにプロジェクトによって生み出された利益を還元する、配当金のような仕組みのものも見られます。

ICOの場合、仮想通貨の仕組みを利用しているのでマーケットで受け取ったトークンを自由に流通させられます。その意味では自由度が高いといえます。しかしICOの中には詐欺的なものもあって、資金を集められるだけ集めたらそのまま姿をくらましてしまうケースもあって、世界的な規制が求められています。




関連記事一覧