仮想通貨クラウドセールの流れや参加方法とメリットやリスク

クラウドセールとは、一般的にICOと同義の言葉として用いられています。インターネットを通じて資金を調達するクラウドファンディングが由来の言葉で、トークンをセールする行為が伴うためにクラウドセールと言われるようになりました。企業が資金調達のために独自にトークンやコインを発行し、参加者に売り出される期間がクラウドセールの期間と捉えてください。

 

クラウドセールの流れ

具体的にクラウドセールの流れを見ていきましょう。まず、クラウドセールを行う企業や団体がトークンを発行してクラウドセールを実施することをアナウンスするのが、クラウドセールの第一歩です。このアナウンスにおいて、企業がどのようなプロジェクトを計画しているのか、発行されたトークンはどのように使用されるのかといった情報が明らかになります。

アナウンスの後はオファーです。トークンを発行する企業が、自社のプラットフォームにおいてそのトークンにどのぐらいの価値を持たせるのか、また、ほかの仮想通貨とどのぐらいの交換率で運用するかなどといったことが決められます。その次はPR活動です。クラウドセールを行う企業はほとんどがベンチャー企業など知名度の低い企業ですから、プロジェクトやクラウドセールについて積極的にプロモーションしないと知ってもらえません。

クラウドセールの成否はこのPR活動にかかっていると言っても過言ではないでしょう。ここまで完了したらあとはいよいよクラウドセールの開始です。ここでトークンが販売されます。参加者は企業の指定する方法でトークンを購入するという流れです。

 

クラウドセールへの参加方法

クラウドセールに参加するには、まず発行されるトークンを購入するための支払い手段として、企業が指定する仮想通貨を手に入れなければなりません。クラウドセールの多くが支払い通貨としてイーサリアムを指定しますが、ビットコインが指定されることもありますし、それ以外のアルトコインが指定されることもあります。いずれにせよクラウドセールの実施団体の指示に従って仮想通貨を手に入れてください。

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入できます。イーサリアムやビットコインなど有名な仮想通貨は国内の取引所で購入できますが、場合によっては、国内の取引所で扱っていない通貨が指定されることもあるかもしれません。指定される仮想通貨がどの取引所で購入できるかを確認しておきましょう。次に、クラウドセールの実施団体のサイトにアクセスします。

ほとんどの案件は、サイト内にプロジェクトの内容を記したホワイトペーパーやロードマップを掲載しているはずです。その内容をよく確認して、信頼性や将来性があると納得できるなら実際にクラウドセールに参加してみましょう。もしプロジェクトの中身があやふや、もしくはホワイトペーパーがないような案件に出会った時は、参加しない方が無難です。

参加を決めたら、次にクラウドセールの実施団体が発行するアカウントを取得します。基本的にはメールアドレスがあれば、あとは自分でパスワードを設定するだけの簡単なものです。ここまでできたらいよいよトークンを購入します。クラウドセールでの送金には専用のウォレットを用意しておきましょう。実施団体のアカウントに、購入したいトークンの金額分の仮想通貨を送金してください。

 

クラウドセールに参加するメリット

クラウドセールで販売されるトークンの価格は、それを実施する企業や団体が独自に設定したものです。ところが、のちに仮想通貨取引所に上場した時には誰もが購入できるようになるため、需要次第ではその価格が大きく上昇する可能性があります。クラウドセールで購入した金額の何倍にもなる可能性があるため、ただの仮想通貨への投資より大きな利益を上げられるチャンスがあるということです。

 

クラウドセールに参加するリスクやデメリット

購入したトークンが仮想通貨取引所に上場できない可能性があるのが最大のリスクです。取引所に上場できなければ、クラウドセールでいくら大量にトークンを購入したところで、ビットコインや現金と交換することができません。となると、購入したトークンの使い道は、クラウドセールの実施団体の限定するものだけになります。

プロジェクト自体が頓挫した場合など、ただ保有しておくしか使い道のないものになってしまうので注意してください。クラウドセールに参加して価値の出るトークンを早期に確保できるのは大きな魅力ですが、将来性や信頼性が高いクラウドセールには参加者が殺到して、たちまちのうちにトークンが売り切れてしまいます。

いかに早くクラウドセールの情報を手に入れるかがカギになりますが、海外の案件だと日本語の情報はあまりないため、英語ができない人には海外の案件に参加しずらいというデメリットがあります。また、海外の案件には詐欺もたくさんあるので、せっかく投資しても資金をすべて失う可能性も否定できません。成功した時のメリットは大きいですが、リスクもかなりあるのがクラウドセールであると覚えておきましょう。




関連記事一覧