icoのクラウドセールにおける基礎知識と流れや参加方法

そもそもICOとはどのようなもの?

仮想通貨を運営するためには、資金が必要です。この資金調達するための手段としてしばしば活用されているのがicoです。今ではメジャーな存在になっているビットコインやイーサリアムなども最初はICOを使って資金調達を行いました。事業資金を出資者から募って、その代わりに仮想通貨(トークン)を一定のレートで発行します。もし今後この仮想通貨が取引所に上場されて、取引開始されれば、そこでもらったトークンを売却することで大きな利益を上げられる可能性が高いのです。

このICOは、「クラウドセール」という名称で紹介されることもあります。クラウドファンディングを通じて、トークンの購入希望者を募ることからこのように呼ばれるようになりました。ちなみにコインを発行する方法はいろいろとあって、ビットコインなどのオープンソースを使った方法のほかに、ブロックチェーンを活用した方法などもあります。ブロックチェーンの場合、イーサリアムが利用されることが多いです。専用のツールなどを駆使すれば、個人でもICOを行うことも可能です。このように手軽に資金調達できるため、ICOを活用するケースが近年増えています。

クラウドセールはどのような流れで行う?

クラウドセールを行う方法は、発行者によって若干異なります。しかし通常は以下のような流れで行われることが多いです。

1.通知

まずはアナウンスをします。「トークンを発行しますよ」ということを広く投資家に通知します。これを発表しなければ、出資者を募ることはできません。ここで重要なのは、「どのようなプロジェクトなのか?」「発行されたトークンはどのように使用されるのか?」ということです。

株式を発行するにあたって投資家に購入してもらうためには、どんな事業を行い、どのような利益のめどを立てているのか明確でないとお金を出してもらえません。仮想通貨に関する明確なビジョンを提示して、投資家の納得を得られるかどうかがICO成功のカギになります。

2.オファー

続いてはオファーになります。これは発行するトークンに価値を与える工程と考えてください。自社のプラットフォーム上でどの程度の価値を持っているのか、ほかの仮想通貨とどの程度のレートで交換するかを考えていきます。この時に値が安すぎると思ったほどの資金調達ができない、逆に高すぎると出資してくれる人がなかなか見つからないなどの不都合が発生します。投資家が納得できるようなちょうどいい金額を提示できるかがポイントになります。

ICOを行っている企業を見てみると、ベンチャーであることが多いです。業歴も浅く、まだ知名度もさほど高くありません。そのままではどこの馬の骨ともわからないようなところにお金は出せないと考える投資家が多いでしょう。そこでPR活動を進めていきます。トークンセールにあたってプロモーションを展開する、マーケティングを行っていき、積極的に周知徹底させることも大事です。知名度のないプロジェクトの場合、効果の高いプロモーションを仕掛けられるかどうかが一つカギになります。

3.ICO開始

PRの終わったところで、いよいよICOが開始されます。最初の段階では、ICOでトークンを発行する事業体と直接やり取りするのが一般的です。もし購入を希望するのであれば、相手から購入方法や金額が指定されますから、その指示の通りに購入手続きを進めましょう。中には代理販売といって、発行業者とは異なるところが販売を持ち掛けることもあります。しかしこれは詐欺師的なケースも多いので購入しない方が賢明といえます。

ICOに参加するにはどうすればいい?

ICOは個人でも参加することは可能です。まずはトークンを購入するための資金を確保しなければなりません。トークンを購入する場合、日本円で調達するのはまず無理です。そのほかの仮想通貨を購入して、それでトークンと決められたレートで交換するイメージです。ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな通貨と交換しているケースが多いです。ビットコインやイーサリアムについては、国内の取引所で日本円と交換できます。こちらであらかじめ購入しておきましょう。

そしてICOを行っている事業体のホームページにアクセスして、所定の手続きでトークンを買い求めましょう。ICOに参加している企業のほとんどで、Webサイトにホワイトペーパーを公開しています。ホワイトペーパーの中には、事業内容や購入方法などが記載されていて、一種のパンフレットのような役割を果たします。

この内容をしっかり確認したうえで、トークンを保有するかどうか決めましょう。ホワイトペーパーがどこにも記載されていないようなICOは詐欺の可能性が高いので、購入すべきではありません。またこのホワイトペーパー、日本語ではなく英語で記載されているものがほとんどです。すべての内容を把握するのに時間がかかるかもしれませんが、しかしそれでもしっかり理解しておきましょう。




関連記事一覧