仮想通貨専門用語辞典

コールドウォレットとは?:仮想通貨専門用語辞典

コールドウォレットとは?

ウォレットで資産を保管する際にインターネットと切り離してで資産を保管する方法で安全性が増します。(資産とは仮想通貨のことですが、仮想通貨を保管するパスコードをウォレット内で管理します。その為ここで保管するものはパスコードのことです。)例えパソコンやスマートフォンの電源を切ってオフラインにしてもコールドウォレットにはなりません。

コールドウォレットとはペーパーウォレットやハードウェアウォレットと2種類あります。ペーパーウォレットは「ペーパー」の通り紙に書き写したり、印刷して保管することです。原始的と思われるかもしれませんが一番確実な方法と言えます。次にハードウェアウォレットはそのもの自体が通信機能がない第三の端末になります。

パソコンに繋いで使用し必要時以外はパソコンとっ切り離して保管します。両方ともネット上で盗難にあうことはありませんが紛失、焼失、そのものの盗難などにより消滅することがありますのでその点は注意が必用です。

{使用例}このウォレットはコールドウォレットによって資産を管理しています。(ハードウェアウォレットを接続する必要があったり、コピー機の準備やペンと紙を準備してウォレットの登録をする必要があるウォレットです。その為ネット上では盗難の可能性はなくなります。)




関連記事一覧