ICOを自分で作るには?仮想通貨・コイン・トークンを作る方法

コインとトークンの違い

仮想通貨icoは自分で作成できるのは知っていますか?しかし、はじめる前に考えなければいけないことや注意点があります。そこを理解することができれば、初心者でも十分可能でしょう。

まず、コインとトークンの違いです。どちらも仮想通貨ですが、コインは独自のブロックチェーン上で運用されており、トークンは既存のブロックチェーンを利用しているのが特徴です。一般的にコインは富の移動に使われていますが、トークンはイベントチケットやショッピングポイントなどさまざまなところで使用されています。

また、トークンは「ICO」とも呼ばれており、クラウドセールによって既存コインの引き換えとして使われることもあるでしょう。これによって資金調達を行います。このように、コインとトークンの違いを理解しておかなければ、仮想通貨を自分で作成するのは困難になります。

トークンの作成やクラウドセールの実施は、基本的に誰でも可能です。しかし近年はICOの詐欺が増えているため、規制する国が増えています。たとえばアメリカでは、一般人の参加は不可能となっており、特定されたICOのみ参加できます。そのため、最近では規制対象の有価証券として取り扱われることが多く、ICOでローチンされたトークンを買う前に自身でしっかりリサーチする必要があるのです。

ブロックチェーンを作る

コインとトークンの違いを知ったら、ブロックチェーンの作成について。かなりの技術的知識や技術に精通したデベロッパーのサポートが必要になりますが、コインは独自のブロックチェーンがあるので、最初から作成するか既存のものを使用して新しく開発するかしか方法はありません。

前者は、当然高度なスキル、特にコーディングスキルが必要になるでしょう。あるいは、GithubでLitecoinなどの既存ブロックチェーンのオープンソースコードを見つける必要があります。そこから変更を加え、新しい名称で新コインを作成します。しかし、変更するべきところやその理由をきちんと理解するためにはやはりオープンソースコードの理解が求められるでしょう。

コインやトークンを作る

次に、仮想通貨作成プラットフォームを用いて、コインやトークンを作る方法です。一般的な人や初心者の方には、この方法がもっとも無難でしょう。先ほど紹介した方法は、どうしても高度な知識が必要になるため、一般人ではとうてい難しい話です。仮想通貨作成プラットフォームからなら、作成サービスに技術面をお任せしてしまえば、コインやトークンを簡単に作成できます。

たとえば、CryptoLifeなら、カスタムコインを作ってくれるでしょう。WalletBuildersも、CryptoLifeと同様のサービスを提供しており、無料バージョンも利用することができます。

トークンは、公開ICOが不要です。そのため価値のないトークンも作成できますし、価値のあるトークンも作成可能になります。ビットコインなどで使われている技術に依存するので、独自のブロックチェーンが不要になるからです。そのため、コインを作成するよりも素早くシンプルに、そして安く完成させることができるでしょう。

初心者で自分で作成することを望んでいるのであれば、トークン契約で実験してみても罰則はありませんし、説明したとおりコインより簡単に作成できます。ただ、本気で作成したい意思がなければ避けたほうが無難です。というのも、虚偽に対する規制・罰則が強化が関係しているからです。

プログラミングスキルがない場合

では、プログラミングスキルが一切ない初心者は作成できるのでしょうか?結論からいいますと、デベロッパーなどを雇ったほうが安心です。とはいえ、メンテナンスが必須ですから、リスクがゼロとは限りません。自分に合った仮想通貨のデベロッパーを見つけることが重要になるでしょう。

そして、仮想通貨プロジェクトのローチンを成功させるためには、やらなければいけないことがたくさんある点も理解する必要があります。何も、コインやトークンのみに価値を与えるわけではありません。インフラの構築や維持、誰かに買ってもらうことなども考えなければいけないでしょう。

仮想通貨の失敗はこれまでたくさんあります。詐欺のICOも数多く、半数以上は失敗に終わるといいます。近年規制や罰則が厳しくなっており、安易な気持ちではじめるということは、非常に高いリスクを背負うことになるのです。そういったこともきちんと理解する必要があるでしょう。

もちろん作成したあとも、どうやって意味を持たせていくかを十分に考える必要があります。いわゆる「マーケティング」です。そのためには、目的や意義、問題解決法なども明確にしておくことも大切になるでしょう。そうすることではじめて通貨の安定性を支えることができるのです。「作成まで」ではなく、「作成後も」常に情報収集が必要になります。




関連記事一覧