今更聞けない仮想通貨とは!?初心者でも分かる仕組みを解説

今更聞けない仮想通貨とは!?初心者でも分かる仕組みを解説

仮想通貨というワードは老若男女問わずに認識しているワードの一つではないでしょうか。「億り人」や「流出問題」等ニュースでも取り上げられたこともあります。

では仮想通貨というワードを耳にしたことがあってもどれだけの人が仮想通貨について説明できるでしょうか。仮想通貨のおさらいをしながら再認識していきましょう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは

仮想通貨とは実体がなくネット上に存在するデータのみになっていて通貨といっても実際に触ることはできません。しかも証券のように取引所で取引されることにより仮想通貨の価格が上下します。

しかし法定通貨や電子マネーと違い管理者が存在せず購入したら自己責任で管理します。また通貨ですが世界共通となっていてどこにでもネット環境があれば送金することが可能です。

仮想通貨の価値や価格

仮想通貨の価値や価格

仮想通貨の価値は変動しますが、何故価値が変動するのでしょうか。仮想通貨の代表格のビットコインで見ていきましょう。

まずビットコインはブロックチェーンと言うシステムを大多数のユーザーで管理しているためビットコインの不正取引を防ぎ改ざんが行われにくいため信頼が厚いことから価値が上昇しビットコインの取引価格も上昇しました。

また発行上限が決まっていて、最近では仮想通貨の取引をするユーザーが増えたため価格が変動しやすくなっています。この先も投資家が増えることによって仮想通貨全体の価値の上昇がみられる可能性があります。

仮想通貨の使用用途

仮想通貨の使用用途

仮想通貨は為替取引の様に通貨自体に投資をして利益を生み出す使用方法の他に、決済の手段に使用したり、商品の購入や送金をする際に使用されることがあります。

決済の手段や送金に使用される背景に法定通貨が信頼できない国もある為、世界共通の仮想通貨を利用することがあります。更には通貨危機で法定通貨の価値が無くなったり、金融不安で銀行から現金を下ろせなくなったりした場合にも使われています。

また送金する際の手数料が銀行よりも安く送金のスピードが速いことも挙げられます。海外送金は時間と手数料がかなり掛かりますが、格安で即時送金が可能になります。

さらに商品の購入に利用される目的は、海外での購入には金額の上限がある場合もありその上限以上の購入が出来る為利用されることがあります。

仮想通貨の落とし穴

仮想通貨の落とし穴

仮想通貨はメリットばかりではありません。管理者がいないことから「スキャム」と言われる詐欺コインが存在します。仮想通貨はネットに存在する為仮想通貨の情報もネット上にのみ存在します。ですので自身で調べて精査する必要があります。もし詐欺コインを掴まれても今の法整備では投資した資金が戻って来るのは困難かもしれません。

また流出事件の原因にもなったデータの流出による仮想通貨の消滅です。ハッキングなどによって消滅した資産は保証されるかどうか分かりませんので自己管理が絶対となります。

最後に仮想通貨で得た利益は課税対象になり「億り人」と言われた人たちも税金が利益の半分以上来て税金の支払の認識がない人が多数いて資産が消滅する人も増えました。

ここでもう一つ落とし穴ですが仮想通貨を売買して利益を出した時以外に仮想通貨の価値が購入した時よりも上がりその通貨を使って購入時以上の商品を購入した場合にも課税の対象となりますので利益が出たときは納税についてしっかりと調べる必要があります。

仮想通貨は今後、法の整備がまだまだ進み市場での使用方法ももっと増え進化をしていく通貨ですので、常に情報を収集することが大切です。




関連記事一覧