GMO「CryptoChips(クリプトチップス)」

GMO「CryptoChips(クリプトチップス)」メリット・デメリット

5月31日GMOインターネット株式会社は「CryptoChips(クリプトチップス)」を開発し、今年の8月から提供をスタートする。クリプトチップスが実装されたゲームアプリでは、ゲーム内ランキングやミッション到達時、アイテム獲得時の報酬として、仮想通貨であるビットコインを受け取る事が可能になる。

第1弾として同社が提供するスマホゲーム「ウィムジカル ウォー(ウィムウォー)」に実装予定でプレイヤーランキングに応じて、ビットコインを配布する事になっている。その後、同社のゲームに限らず、他社のゲームタイトルへの実装も目指すとしている。

仮想通貨の受け取りは予め登録したウォレットへ配布するとしているので、親の同意があれば18歳未満でも仮想通貨口座は解説できるので、18歳未満でも稼げると言う事だ。

秘密のおこずかい稼ぎとしているが、そのメリット・デメリットをまとめます。

ゲームでビットコイン(仮想通貨)が稼げるメリット・デメリット

どの程度の収入が見込めるか、悪用対策などが分からない状態で書きます。

メリット

1.遊びながらお金が稼げる

2.ゲームの利用者が増えて盛り上がる

3.ビットコイン等の仮想通貨が身近になる

デメリット

1.労働になる可能性があり18歳未満への対応

2.賭博行為や八百長行為

3.報酬目当ての廃課金が増える

4.プロや業者が多く参入し一般ユーザーはゲームを楽しめなくなる。プロゲーマーの大会の開催費用や賞金を一般参加者から掻き集める感じに。

5.楽天ポイント等でも贈与として課税の対象であり一時所得となる。特別控除額が最高50万円なので、超えた分は申告が必要なるので、仮想通貨は勿論対象になる。

6.秘密のおこづかいシステムと名付けているが、これは監督官庁を煽っている様に見え締め付けがある可能性も

7.公式のRMT

8.違法な手段で稼いだお金をゲームに突っ込んで、ビットコインに変えるマネーロンダリング

9.マイニングで稼いだビットコイン(お金)をGMOが梃を使って倍々ゲームにしていく為にゲームを挟むだけ




関連記事一覧