仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出

仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出

仮想通貨を購入するときに何を基準に選びますか。大体はメジャーなコインを選んで購入することが多いと思います。

他にはネットの情報などで購入を検討するでしょう、「コインに新しい機能が追加されます」「開発中のコインです」などの宣伝文句で購入を促す仮想通貨もあります。

しかし実際にコインに機能が追加されるために開発されているのかなんてわからないと思われる人が多くいると思います。そんな人たちのために少しでも判断材料に役立てればと思い「Cryptomiso」というサイトを紹介します。

仮想通貨購入の判断基準に使える「Cryptomiso」

仮想通貨購入の判断基準に使える「Cryptomiso」

「Cryptomiso」とは各通貨の開発更新頻度をランキングで表示したサイトになります。開発した期間も12か月、9か月、6か月、3か月から選ぶことことが出来て更に自分の調べたい通貨を検索することもできます。

ところで開発更新頻度(Github)とはそもそも何なのでしょうか。

開発更新頻度とは

開発更新頻度は「Github」というプログラミング用語で表され、「Git」はバージョン管理システム、つまりファイルを更新した日付を管理して共有できるシステムです。それを「hub:拠点、集まり」したものになります。

仮想通貨の開発には複数の開発者が存在しチームとして動いていて作業が分担されています。その為、開発段階をチームで共有する必要があり、どのくらい開発が進んだのかを把握する為に使用するのが「Github」です。この「Github」を利用することによってどの段階まで開発されたか、保存されたデータをチームで共有できるようになり、これを元に開発が進んでいきます。

この「保存」されていくことが「更新頻度」になり、開発を進めて保存していく度に「更新頻度」が増える為、保存数に応じて開発が盛んに行われているかどうかが分かるようになってます。

車を作るとしたらチームで手分けしてシャシを作る人、エンジンを作る人、タイヤを作る人、サスペンダーを作る人と言う感じで、それぞれの担当で開発され、お互いの開発状況を共有し把握すると言う感じです。

開発更新頻度が多いとその通貨が開発されていることがわかり、機能が追加されたりバージョンアップされているコインだったりという通貨の判断材料の一つになるのではないかと思います。

しかし無駄に開発更新頻度を上げている可能性が無いとは言えませんので、あくまでも判断材料の一つとして利用されてみて下さい。

CryptoMisoランキングの使い方

先ずは「CryptoMiso」にアクセスして下さい。(参考画像はスマホ画像にしていますが、PCの方も基本的に同じです。)

仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出 (2) 仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出 (3)

①の「past 2months」をクリックすると、②のように3,6,9,12ヶ月と表示されますので、コインの情報がいつのものかを確認してその情報に近い期間のものを選んでみて下さい。

画面の下の方に移動するとグラフのTop10が表示されています。このランキングは期間を変えると変動されます。

仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出 (4) 仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出 (5)

さらに下に通貨ごとにグラフが出ていますのでここも目を通しましょう。

③の「三」をクリックして、④の「Choose Coin」をクリックして下さい。

仮想通貨のランキング「CryptoMiso」の使い方 Github開発更新頻度から算出 (6)

通貨一覧が出ますので、⑤に閲覧したい通貨を入力して下さい。先ほどのように通貨ごとのグラフで表示されます。




関連記事一覧