米国商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨デリバティブ上場指針を公開

米国商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨デリバティブ上場指針を公開

5月21日、米国商品先物取引委員会(CFTC)の市場監督部門(DMO)及び清算リスク部門(DCR)は仮想通貨デリバティブ商品を上場する為のCFTCガイダンスに登録された取引所お呼び決済期間に諮問を行い、新しいデリバティブ取引の査定プロセスに関する指針を公開しました。

詳細は米国商品先物取引委員会(CFTC)の当該ページで

DMO部長Amir Zaidi氏は「CFTCのスタッフは、規制の明確化を可能な限り提供することに全力を尽くしており、進化を続ける仮想通貨市場に適時対応し、市場参加者がCFTCの規則を遵守しながらイノベーションに対応するためのガイダンスを提供していく」と述べた。

更に「CFTCのスタッフは、仮想通貨商品による新たなリスクに対処するリスク管理プログラムを設計する為の市場参加者の努力支援する為に、この情報を一部提供している」と述べた。

今回強調されている新しい仮想通貨デリバティブ契約の上場において、特に注意が必要な特定の主要分野としては5つあります。

1.市場監視を強化

顧客確認、価格や取引量の監視を強化、マネーロンダリング対策。

2.CFTCスタッフとの緊密な情報共有と調整

価格操作、詐欺情報などの共有と、CTFC側からの要求への対応。

3.大規模なトレーダーレポート

株式、為替。先物などと同様に価格操作的な行動に関与するトレーダー情報の報告。

4.市場参加者への支援

潜在的な問題に対処する為にどの様な取り組みを行うのかを明確にする。

5.リスク管理とガバナンス

不十分な契約があった場合、CFTCが仮想通貨デリバティブ契約を再評価する。




関連記事一覧