仮想通貨のICOと取引所への上場の違いと、その後の投資戦略

仮想通貨によるicoとは、ビジネスなどの資金が必要な企業や個人が仮想通貨を発行することによって、必要なお金を広く集める仕組みです。企業が独自で発行する通貨やプロジェクトが進展に成功すれば、取引所に上場が可能になります。icoと上場という仕組みは似ていて少しわかりづらいですが、違いをしっかりと押さえましょう。

icoは企業が独自で通貨を発行することでお金を集めることなのに対し、取引所への上場というのは、そのことで企業の独自の通貨が幅広く売買できるようになるということです。

取引できる場所としては、bitflyerやZaifなどが有名ですし、話題になったcoincheckなどもそのうちの一つです。仮想通貨の上場は、株と同じように考えるとわかりやすいです。なので、ある通貨はZaifに上場しているけれど、bitflyerにはしていなかったりします。この場合、この通貨はZaifで売買をすることはできますが、bitflyerでは売買をすることができないということです。

ちなみに、仮想通貨の取引所というのは、この通貨の売買を自由に行える場所のことです。手持ちの通貨を売りたい人と買いたい人が希望にあった人を各自で見つけるのは、時間的・労力的にとても大変ですが、こういった取引の場所があることによって、売りたい人と買いたい人が簡単にマッチングされます。結果として、取引所で扱われる状態にいたると売買も非常に活発になることになります。

また、場所によって扱っている通貨が異なる点は注意が必要です。すべての通貨を網羅しているところというのはありませんので、複数の通貨を売買してみたいと考えている人は、通常、複数の取引場所を利用することになります。

icoの通貨はどのように変わるのか

株の公開と同じように、企業独自の通貨も広く売買できるようになると、一気に値段が上がるケースが多いです。人気の案件になると、一番最初の価格と比べて、数百倍などかなりの高騰を見せるケースもあり、この辺りの物凄い値上がり具合が、この仕組みに注目を集めている大きな要因と言えるでしょう。

大きな値上がりを期待するのであれば、一般向けに売買が開始される前に購入するほうが得策と言えます。そのため、icoが人気を集めているわけです。ただ、第三者による監査が入るわけではなく、主催する側がお金を集めて、その後、どうするかは全くの未知数ともいえます。

もっとも取引所までたどり着かない案件というのは数多く存在しており、プロジェクトの進展が止まるケースもゼロではありません。だからこそ、詐欺の温床ともいわれたりするわけですが、運がよければ一獲千金を狙える反面、不透明な部分も多く、リスクもそれなりにあるということはおさえておくべきでしょう。

規模による違いと投資戦略

一口に上場といっても、小規模なところと、大規模なところに行くのとでは大きな違いがあります。規模が大きいところほど審査が厳しく、また、参加している投資家の数も多いという特徴があります。

それほど知名度の高いプロジェクトやメンバー構成でない案件の場合、最初は小規模なところで狙っていき、開発を進めていくことで、規模の大きなところへの参加を狙っていくのが普通です。

規模の大きいところは、それだけ多くの投資家が注目していますので、売買がより活発になる傾向があります。また、売買が活発ということは、それだけセキュリティにも配慮する必要があるため、小規模なところよりも、安心して取引しやすいということができます。

自身が参加したico案件が無事に取引所までたどり着いた場合、どのタイミングで売却するかが、そのあとの大きなテーマとなってきます。一般に公開された段階で、多くの通貨は大きく値上がりするケースが多いため、その時点ですばやく売り抜けてしまうというのも一つの方法と言えるでしょう。

ただ、案件によっては、公開直後はそれほど値段が上がらず、イマイチと感じられても、そこからさらにプロジェクトが進展して成功したことによって、長期スパンで見ると大きく値段を上げるというケースもあります。なので、場合によってはすぐに売却してしまうのではなく、保有し続けるほうが良いケースもあります。

すぐに売却するか、長期スパンで保有するかは、投資家にとって非常に悩ましいテーマです。このテーマにただ一つの正解はなく、正解は結果からしかわかりません。将来有望な案件であれば、価値が高まるまで保有し続けてもいいですが、その間、その分の資金は動かせないということになり、売却して別の案件に参加してリターンを得るほうが、資金効率が高くなるケースもあります。

投資の世界において、時間はお金と同じくらい価値が高いものですので、よほど、長期にわたって応援したいという案件でもない限りは、長期スパンでの保有はハードルが高いと考えることもできます。




関連記事一覧