米国司法省

米国司法省の仮想通貨価格操作に関する捜査に「健全になる」と歓迎の声

Michael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)「健全性に貢献する」

Michael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)

元ゴールドマンサックスのパートナーでフォーブスの億万長者ランキングにランクされている、ビリオネアの投資家のMichael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)。彼の資産の20%がBitcoinとEthereumである事を公言しており、仮想通貨から2億5000万ドル以上を調達したとされている世界的な仮想通貨の投資家でもあります。

彼が中核として関わった投資会社Fortress Investment Group(フォートレス・インベストメント・グループ)はソフトバンクグループが昨年に約33億ドルで買収した事で話題になりました。

現在はギャラクシー・デジタル・キャピタル・マネジメントと言うデジタル資産運用会社を経営しており、今月9日ブルームバーグと共同でブルームバーグ・ギャラクシー仮想通貨インデックス(BGCI)を設立しました。

そんなノボグラッツ氏がブルームバーグのインタビューに対し米国司法省(DOJ)がビットコイン価格操作に関する捜査を開始した事について、「仮想通貨市場の長期的な健全性に貢献する」と歓迎する趣旨の発言を行いました。

司法省は暗号通貨取引業者や市場関係者がビットコイン価格や他の仮想通貨の価格を操作する違法行為を行っているかを精査しています。

トーマス・リー「本当に歓迎されるニュース」

トーマス・リー

米投資調査会社Fundstrat Global Advisors(ファンドストラット・グローバル・アドバイザー)の共同創設者でリサーチのトップでもあるトーマス・リー氏も「本当に歓迎されるニュース」と述べています。




関連記事一覧