仮想通貨【DROP(Dropil)】購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨DROP(Dropil)とは?特徴・注目点

DROP(Dropil)は仮想通貨トレーダーを対象に、ローリスクで最高のリターンを提供するための、投資レポートを作成する、仮想通貨投資家のためのトレーディングシステムです。

DROPが提供するトレードシステム「Dex」は、完全オリジナルで設計されており、多くのトレーディングシステムがある中、ブロックチェーンテクノロジー機能を用いることで、数多くの財務的、セキュリティ上のメリットがとても多く備わっています。それでいて、確固たる戦略で、安全に利益を増やしつつ取引が出来るように組み込まれています。

DROP(Dropil)の注目点1.ユーザーがパソコンの監視をしなくても自動で売買が可能

2.アービトラージに適している

3.スマートトレードプラットフォームによりディープラーニングを使って自立学習を行い、多くのデータを解析することで高い収益性が見込める

仮想通貨DROP(Dropil)現在の価格データ

仮想通貨DROP(Dropil)基本データ

発行元 Dropil Inc
シンボル(通貨記号) Dropil
公開日 2018年1月24日
総発行枚数と販売枚数 30,000,000,000枚
ICO価格
ブロックチェーンタイプ ERC20トークン
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら

 

仮想通貨DROP(Dropil)の将来性・今後の見通し

DROPの今後を担うものとして大きく2つの課題があると思います。

1つ目は、システムトレードの正しい使い方の普及です。

当たり前のように聞こえますが、どんなに高価なシステムを購入してもほとんどの方が上手く使わないまま埋もれてしまう方が多いのが実情です。主な理由としては、このシステムを使えば勝てるであろうという思い込みがあるようです。

しかしながら、未来を予測するのは不可能です。これも当たり前の事です。ただ、Dexを使った場合に少しでも精度が上がる事が見込めたり、勝っている方のロジックを真似することで勝率を上げる事は可能だと思います。要はDexの特徴をきちんと把握して正しく使う事が大切です。

2つ目は利用者を増やすことです。

システムの良し悪しの根拠は個人に差があるとは思いますが、ある程度の満足があればそれなりに口コミなどで拡がる事は考えられます。また、多くの利用者がいることで戦略パターンがその分増やせる事も魅力的です。開発力も必要ではありますが、多くの方に利用してもらう戦略も大切です。

仮想通貨としての価値ですが、全体的にネガティブなイメージにある中で、その波に飲まれる事なく独自の価値が保たれているように感じます。これは、将来的に認知が上がり大手取引所などへの上場時は、それなりに期待できると言えます。

仮想通貨DROP(Dropil)Dexの自動取引機能

社内で開発されたダイナミックアルゴリズム戦略に基づいて自動取引のシステムがあります。世界の取引市場に応じて、多様な暗号化への交換戦略を自動的に拡張して交換できます。また、リスクを抑えながらも収益確保も備わっており、不安定な市場であっても一貫した利益が上がっています。

仮想通貨DROP(Dropil)アービトラージ分析

Dexには、アービトラージ分析機能「Arthur」という機能があります。Binance(バイナンス)、Bittrex、GDAXなどの13ヶ所の取引所における価格差異を監視することが可能で、今後も多くの取引所を追加していく予定です。チェックされた価格はメールやテレグラムなどで受け取ることが可能で、手動でのアービトラージトレードでも活用できます。今後、さらに機能を追加する予定です。

・SMSでの通知

・各通貨のArthurアラートをカスタマイズして個別に交換する

・自動取引のためのAPIキーを追加する

仮想通貨DROP(Dropil)が取引可能な取引所と上場予定

Tidex

RightBTC

仮想通貨DROP(Dropil)対応ウォレット

マイイーサウォレット

仮想通貨DROP(Dropil)の評判・口コミ

仮想通貨DROP(Dropil)購入方法(買い方)

※DROPは現在日本円で直接買う事はできません。

国内の取引所でビットコイン(BTC)もしくは、イーサリアム(ETH)を購入して、Tidex、RightBTCに送金して売買することになります。




関連記事一覧