EU

欧州議会経済金融委員会(ECON)「仮想通貨は法定通貨の代替えとして使用する事が出来る」

欧州議会経済金融委員会(ECON)は、仮想通貨は法定通貨の代替えとして使用する事が出来るという新たな分析結果を発表した。このレポートでは仮想通貨がどの様に作用し、それが世界経済に与える影響について徹底的に検討した。以下はレポートの1部の内容。

ソース:欧州議会経済金融委員会(ECON)

仮想通貨はお金の代わりに使用する事が可能

仮想通貨は「価値のデジタル表現」と定義する事が出来る。いくつかの状況では、お金の代わりに使用する事が出来る。この価値は、他の商品や法定通貨に対し潜在的交換に依存している需要と供給の法則によって決められ、分散された性質を持つ為に当局の影響を受けない。

仮想通貨の生成は、コンピューターのアルゴリズムによって管理されている場合が多く、これは価値を維持する為の希少性を創出する事に役立つ。様々な仮想通貨の共通の特徴は、価値交換を管理する為にDLTを使用する所。仮想通貨管理は、決済、ウォレット、セキュリティ、マイニングの為の交換や取引ソリューションなどのサービスを含んでいる。

暗号化は破壊的で革新的

金融分野で関連する他の技術革新は、ビットコイン、ブロックチェーンなどを挙げる事ができ、いくつかの中央銀行や機関の参加や監督無しでP2Pを利用し、分散された方式で運営されているデジタル貨幣である。これらの仮想通貨は金融政策と財政の安定性を含めて、全分野にわたって技術と運用のパラダイムを提供する。

この新しい技術を利用し際立つ分野として、AI、クラウドコンピューティング、生体、デジタルID、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、モノのインターネット(IOT)、拡張現実(AR)などがある。

中央銀行が独自の仮想通貨発行可能

中央銀行によって許可され推進される仮想通貨が出現すると、仮想通貨市場の現在の競争レベルを再形成し、競争相手の数を拡大する。仮想通貨市場での競争の問題を扱う為の、伝統的な政策の潜在的な不具合を発見する事ができ、中央銀行政策を通じ大衆の直接参加を提供する。




関連記事一覧