仮想通貨EnjinCoin(エンジンコインENJ)

EnjinCoinがユービーアイソフトと「ブロックチェーンゲーム連合」を結成

16日、仮想通貨EnjinCoin(エンジンコイン/ENJ)を発行するオンラインゲームに特化したコミュニティ作成プラットフォーム「Enjin」。そのEnjinがユービーアイソフトなど世界的に有名なゲーム会社と「ブロックチェーンゲーム連合」を結成したと明らかにした。

ソース:Enjin

Enjinは既に世界的なプラットフォームを保有しており、ユーザー数は1800万人を超えるとされている。フランスに本社を置くユービーアイソフトも「アサシン クリード」「ウォッチドッグス」「ゴーストリコン」「Far Cry」など世界的ヒットゲームシリーズがあり、世界3位のパブリッシャーである。

この連合は、ゲーム開発会社とブロックチェーン企業が、ゲーム市場にブロックチェーンを本格的に導入する為の初のパートナーシップとなる。

ゲーム市場内のブロックチェーンを統合する方法についての議論や、共同作業を通じて、ブロックチェーン技術の適用に関わる新たな事例を作っていく予定。

この連合には他にも、Alto、B2Expand、ConsenSys、Fig、EverdreamSoft、Gimli、Ultraが参加している。

Enjin社CTOのWitek Radomski氏は「ゲーマーが所有するアイテムで、ブロックチェーンが適用された様々なゲームの世界を楽しむ事が出来る経験を提供したい」と語った。




関連記事一覧