イーサリアムERC20トークンとは?仮想通貨との違いと特徴まとめ

イーサリアムERC20トークンとは?仮想通貨との違いと特徴まとめ

トークンのベースERC20とは?

仮想通貨を始める時に聞きなれないワードが次々に出てくると思います。そんなワードの中の「ERC20」というワードの解説をしていきたいと思います。

ERC20トークンとは?

まず「ERC20」が何なのかを理解するのに必要なのが「仮想通貨」と「トークン」の違いです。ワード自体は全く違うものに聞こえますが両方同じように取引所で取引される通貨のことです。どこが違うかと言うと、通貨の開発時に土台(プラットフォーム)となるブロックチェーン技術という仕組みを独自の仕様で開発されたのかそうでないかです。

独自のブロックチェーン技術を使用した通貨を「仮想通貨」と呼びます。この土台(プラットフォーム)を開発するには膨大な時間と技術が必要になります。しかし、既に存在するプラットフォームを利用することで比較的容易に通貨を発行することができ、この既存のプラットフォームを利用したものを「トークン」と呼びます。

この土台になる技術の代表格といわれるのが「ERC20」です。「ERC20」は「イーサリアム」と言う仮想通貨のプラットフォームを利用したトークンで「ERC20トークン」と呼ばれることもあります。

ICOの多くはERC20プラットフォームを利用

この「ERC20」のプラットフォームを利用することによって、企業は容易に「トークン」を発行することができるようになった為「ICO」と言う新規発行トークンを販売することで資金を集めることが出来るようになり、企業は開発や研究が行いやすくなりました。

また、仮想通貨やトークンは「ウォレット」と言うネット上の財布で資産を管理する必要がありますが、各ウォレットによって対応する仮想通貨が異なります。ウォレットにトークンが対応していなければ送金できず、また非対応のウォレットでは受け取りが出来ません。その為、非対応のウォレットアドレスに送金作業を行ってしまうと通貨がどこかにいってしまい資産が消滅する可能性があります。

今現在多くのトークンは「ERC20」を利用しているので、資産を管理する「ウォレット」が「イーサリアム」に対応していれば、資産管理が可能な場合が多く資産を保管しやすくなってます。

しかし「ERC20」を利用したICOでのトークン発行が多く、中には詐欺コインが含まれていることもあり注意が必要になります。「ERC20」の今後の対応に注目です。

ERC20対応ウォレット

【画像付き】マイイーサウォレット開設・使い方・作成方法まとめ

ERC20に対応しているウォレットは多くありますが、幾つか代表的なウォレットを紹介していきます。まず「マイイーサウォレット」です。このウォレットは一番有名なイーサリアムを保管するのに使用できるウォレットです。主にパソコンで使用してサイトから直接管理したり、デスクトップにダウンロードしたりして使用できます。海外のウォレットですが日本語に対応していて、”コールドウォレット”と言われるネットとは切り離した状態で管理するウォレットなのでハッキングの被害のリスク軽減に繋がります。

【画像解説付き】「HB Wallet(HBウォレット)」使い方まとめ

次に国内のウォレットで「HBウォレット」が対応しています。もちろん日本語で操作、サポートされてますがスマートフォン向けのアプリが使用できることでどこでも利用することが出来て、ネット環境にあればどこでも手軽に利用することが出来ます。他のウォレットに比べると対応通貨が少なくなってますのであらかじめ取引ししたい通貨が対応しているのか調べてからウォレットを利用して下さい。

ERC20トークンが取引出来る仮想通貨取引所

「ERC20」トークンは種類がとても多くなってますが、この膨大な量のトークン全てを取引できる取引所があります。「イーサデルタ」と言って、ここでは「ERC20」のベースの全ての通貨を取引することが出来ます。この「イーサデルタ」取引所ですが「分散型取引所」と言われ通常取引所内に存在するウォレットが無く自身のウォレットを使用し取引を行い資産を自身で管理します。この時に使用しやすいウォレットとして「メタマスク」と言うウォレットがあります。

「メタマスク」はイーサリアム専用のウォレットで分散型取引所で利用しやすいウォレットになってます。取引所とウォレット両方とも日本語に非対応の為、翻訳して利用する必要があります。また”ホットウォレット”と言う常にネットに繋がった状態で資産を保管するウォレットの為、取引は行いやすくなってますが、ハッキング被害にあう可能性もあります。

現在発行されている有名なトークンは「ERC20」のプラットフォームを利用したものが多く対応取引所やウォレットも明確になっていますが、ICOによる新規トークンや無名な格安トークンを購入するときはそのトークンが「ERC20」ベースのトークンかどうか調べてからウォレットを登録する必要があります。




関連記事一覧