Ethereum(イーサリアム)

イーサリアム次のハードフォーク「コンスタンティノープル」は2019年に延期と共にProgPowを追加へ

Constituinople(コンスタンティノープル)と呼ばれるEthereum(イーサリアム/ETH)の次のハードフォークは、2019年初頭に延期されるだろうと、19日の開発者会議で確認した。

 

 

今年11月にスタートする予定だったが、テストネットワークでリリースされたコードに幾つかのバグが見つかり、ハードフォークの予定を延期する事を決定した。金曜日の開発者会議で、開発者らは1月か2月までハードフォークを進めるのは賢明では無いと言う事に同意した。

コンスタンティノープルは、マイナーコードの最適化や、各トランザクションブロックで生成される新しいETHの量を減らす等、ネットワークに関する5つの互換性の無い変更を行う予定。

今回の遅れによって、他の変更点にも影響を与える可能性がある。イーサリアム財団のセキュリティ責任者Martin Holste Swende氏は「ProgPow」と呼ばれる、Ethash(イーサリアムのPoW)を改良する別の変更を追加する時間があるとした。

Swende氏は「コンスタンティノープルが1月か2月までは無いと判断した場合、ProgPowを含める様に促すつもり」と述べている。




関連記事一覧