【画像付き】Binance(バイナンス)口座開設・口座登録・手続き手順まとめ (3)

イーサリアムベースのICOへの参加方法とトークンの追加に必要な専用ウォレット

最近何かと注目されるicoですが、興味はあるけれど実際にどうやって参加するのかわからないという方も多いことでしょう。そこで、イーサリアムをベースとするクラウドセールへの参加の仕方を簡単にまとめてみます。

 

icoに参加する前に準備するもの

イーサリアムがベースのicoに参加するには、仮想通貨のイーサリアムとその送金に用いるウォレットが必要です。さらに、パスポートなどの身分証も用意しておいてください。種類によっては、イーサリアムがベースでもビットコインやライトコインで参加できるものもあります。必ずしもイーサリアムでなくてもよいですが、いずれにせよ参加したいセールに合わせて用意する仮想通貨を決めてください。

また、今では参加の前にKYCの提出を求められることがほとんどです。このKYCとは「Know Your Customer」、つまり、顧客の身元を業者が確認するのに必要なもののことで、通常はパスポートの提出で大丈夫です。なかには、金融資産の内容や勤務先について提出が求められることもないとは限らないので注意してください。運転免許証でもOKなケースもありますが、今後のことを考えてパスポートぐらいは用意しておいた方がよいでしょう。

 

仮想通貨の購入

投資するための仮想通貨を購入します。ここではイーサリアムを購入しますが、国内でも海外でもどちらでもよいので仮想通貨取引所で購入してください。手数料が必要なこともあるので、投資する分より少し多めに購入しておくのがおすすめです。おすすめの取引所を挙げるなら、国内ならビットバンクやザイフ、海外ならBittrex、BINANCE、Poloniexなど大手が安心でしょう。

 

専用ウォレットの作成

icoに参加するには、送金先に先ほど購入したイーサリアムを送金しなければなりません。ただ、ここで注意なのが取引所から送金してはいけないことです。実際、そのような注意喚起もなされているので、送金前に必ず専用のウォレットを作成しましょう。おすすめのウォレットにはMyEtherWalletとMetaMaskがあります。どちらか一方でないとicoに送金できないこともあるので、できれば両方とも作っておいた方がよいでしょう。

ウォレットを作成したら、仮想通貨取引所から購入したイーサリアムをそちらに送金します。ウォレットのアドレスを入力して送金しますが、そのアドレスはウォレット内で確認可能です。MyEtherWalletに送金するのなら、メニューの「お財布情報を見る」を見るだけです。MetaMaskに送金する場合は、メニュータブからメニューを出して「Copy Address to Clipboard」をクリックすると自分のアドレスがコピーできるので、それを送金先にペーストするだけです。文字で説明するとちょっとわかりにくいですが、実際に使ってみれば直観的にわかるようなデザインになっているので、それほど心配する必要はありません。

 

送金できたらトランザクションIDが発行される

ここまで完了したらいよいよicoに参加できます。いろんな案件がありますが、参加方法はどれも基本的なことは同じです。まず、規約を読んで了解できるならチェックを入れて次に進み、作成したウォレットのアドレスを入力、それから購入したい金額分のイーサリアムを入力して署名を行うだけです。送金手続きが完了すると、トランザクションIDが発行されます。それを確認して送金できたかを見るのですが、「EtherScan」というサイトを使うと、そのトランザクションIDのステータスが確認できるでしょう。エラーなどが出ていなければ無事完了です。

 

トークンが追加される

送金が無事済んでトランザクションIDが発行されると、icoの方で送金処理を行います。それが完了するとすぐにトークンが自分のウォレットに追加されるようになっています。たまに数日後など遅れて送金されるケースもあるので、事前に公式サイトでよく確認しておきましょう。

 

よりセキュリティの強固なウォレット

クラウドセールに参加する手順は以上ですが、最後に一つセキュリティの観点からウォレットについて注意しておきます。上で紹介したウォレットはブラウザやアプリですが、ネット上に仮想通貨を保管しておくのは必ずしも安全とは限りません。実際、イーサリアムPARITYの脆弱性で巨額が盗まれたこともありましたし、コインチェックの流出事件もまだ記憶に新しいでしょう。

よりセキュリティの高い保管方法には、必要な時だけネットにつなぐハードウェアウォレットというものもあります。種類もいろいろありますし、持ち運びにも便利です。値段は1~2万円はしますが、今後もicoへの参加を続けるなら購入する価値はあるでしょう。ただし、ハードウェアウォレットを使用する時はリカバリーフレーズの紛失だけには気を付けてください。




関連記事一覧