Everex(エヴァレックス)

Everexがミャンマーと・タイ間のブロックチェーン送金サービスを導入

自社の仮想通貨Everex(EVX)も発行し話題になった、シンガポールに拠点を置くブロックチェーンを利用した金融テクノロジー会社Everex(エヴァレックス)がミャンマーのShwe Bank(シュエ銀行)と提携し、ミャンマーとタイの間のブロックチェーン送金サービスを導入した。

エヴァレックスは提携により、タイに住んでいる何百万人かのミャンマー人移住労働者が、これまで行っていた送金方法よりも遥かに安い手数料で、迅速かつ安全にお金を家に送金する事が出来るとしている。送金はエヴァレックスの送金プラットフォームを介する。

エヴァレックスの送金プラットフォームは、送金手数料を削減し、送金時間を1分未満に短縮し、取引全体の明確な監査証跡を提供する為のブロックチェーン技術を利用する最初のもの。

国連移住機関(IOM)によると、現在は約300万人のミャンマー人移住労働者がタイに住んでいる。この大半が高い手数料を回避する為に、非公式な手段で送金しているが、これはリスクが非常に高い上に、非公式な代理店は手数料は安いが規制されておらず、非常に高い禁裏でお金を貸す事によって、移住労働者を利用する事もあるそうだ。

このサービスに続き、今後は他のアジア諸国にも同サービスを拡大していく予定としている。




関連記事一覧