仮想通貨取引を始めるまでの手順まとめ 取引所の流れも紹介

仮想通貨取引を始めるまでの手順まとめ 取引所の流れも紹介

今からでも遅くない!仮想通貨の取引をやってみよう。

2017年に仮想通貨がニュースになるほど認知度も上昇し過去のバブル並みに高騰をみせました。そこをピークに主要通貨は下落し横ばいの状態が続いてますが、今現在でも世界中で新規の取引所が創設され国内でも新しくウォレットが開発されたりとまだまだ先の長い商品となりそうです。しかも世界共通の通貨の為取引をする市場は世界中にあります。

さらに仮想通貨を取引する取引所やウォレットなどが日に日に進化していて利用しやすくなっていますので初心者でも簡単に登録が出来、株式やFXなど他の投資を行ったことのない方でも取引がやり易くなってます。

それでは、初めて仮想通貨をやってみようと思う人に必要な流れや用語の解説を行っていきたいと思います。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは?

仮想通貨と言うのはブロックチェーンという技術を使用し取引が出来るようになったネット上にしか存在しない通貨です。このブロックチェーンと言う取引の記録を一つ一つをつなげ鎖状で表される物が各仮想通貨によって異なることによって数種類の仮想通貨が存在します。代表的なものはビットコイン、イーサリアム、ネムなどがあります。

しかし、本やネット上では仮想通貨以外に「トークン」や「アルトコイン」と表記されているものあり、同じような扱いがなされています。何が違うのか簡単にいうと、ブロックチェーンがオリジナルのものなのか、それとも既に使用されているブロックチェーンの技術を使用させてもらい通貨を作っているかです。その為取引を行うときに厳密な違いがありません。また「アルトコイン」とはビットコイン以外の通貨の総称で使用されてます。

仮想通貨を始めるには

仮想通貨を始めるには

仮想通貨を始めるのに絶対必要なのが仮想通貨を取引する「取引所」への登録です。まずここに登録しなければ始まりません。しかし取引所は国内外多数のものがありどこに登録したらいいのか分からないと思うかもしれませんが、まずは国内の取引所に登録してみましょう。

国内の取引所を選ぶポイントですが、国の審査を通り金融庁に登録された取引所の中から選びましょう。あとは取引量やセキュリティー、手数料の違い等がありますがネットの口コミや自身で調べて選ぶのをお勧めします。また取引所によって使用できる通貨が異なりますので取引したい通貨が使用できる取引所に登録する必要があります。

そして取引所で購入した通貨を保管する財布が必要になります。この財布のことを「ウォレット」といい「ウォレット」は取引所内にあるものを使用できます。ここには「公開鍵」と言われる口座番号のようなものや「秘密鍵」と言う銀行印のようなものが保管されていて、この「公開鍵」宛にコインを受け取ることができ「秘密鍵」を所持していることで相手に自分の資産を送金することが出来ます。

取引所の登録に必要なもの

取引所の登録に必要なもの

取引所に登録する際に必要なものは、メールアドレス、スマートフォンやパソコン、本人確認書類、携帯電話の番号、2段階認証アプリの5つがあれば国内の取引所に登録して口座を開設することが出来ます。

取引所に登録する際にスマートフォンで行えるものがほとんどでアプリもありますが、中にはパソコンのみでの取り扱いの取引所もある為スマートフォンとパソコン両方準備するのがベストです。次に取引所からの案内はメールで来ますので、使用できるメールアドレスが必要になります。また口座開設に必要な個人の情報(名前や住所、本人確認書類の画像など)の記入が必要になってきます。その後取引所から認証のコードが書留で郵送されてきますのでその認証コードを入力して登録が完了となります。

携帯電話や2段階認証アプリは2重にロックをかけるのに使用されます。やはりネット上で取引が行われるためハッキングなどの被害が出ないために全ての国内取引所で登録時に求められます。携帯電話で認証する際はSMSで毎回変更される認証コードが送信されてきます。2段階認証アプリでは一定時間使用できる認証コードが発行されます。

仮想通貨を取引をする際に必要な手数料

仮想通貨を取引をする際に必要な手数料

板取引をする際に発生する費用を「手数料」と言います。各取引所で手数料は異なりますが手数料は売買時や取引相手に送金時にかかってきます。この手数料はビットコインやイーサリアムと言った主要の仮想通貨で支払う為、手数料に使用する為に販売所で少量の通貨を購入する必要があります。販売所では既に手数料が含まれた価格になっていてこれを「スプレッド」といいます。

各取引所ごとに手数料の値段は違うので、ご自身が使う取引所で確認して下さい。

取引所に登録が完了したら実際に購入してみよう

取引所に登録が完了したら実際に購入してみよう

取引所への登録が完了したら早速取引をやってみましょう。まず取引をするために通貨を購入する必要があります。取引所には『販売所』と言う取引所から購入する場合と、『板取引』と言ってユーザー同士が取引をするところで購入する2パターンがあります。販売所での購入は簡単に購入できますが、料金が高めに設定されています。板取引での購入はリアルタイムの価格での取引ができ、販売所よりは安価に購入できますが取引が成立しなければ購入ができません。

それでは通貨を購入していきますが、例えばビットコイン(BTC)を日本円(JPY)で購入する時には(BTC/JPY)と表示されているところから購入します。これを「通貨ペア」といい、解説すると左に書かれているのが購入する通貨(ここではビットコイン)で右側が購入するのに必要な通貨や円やドルなどの自国の通貨(ここでは円)が表示されています。このように左が購入したい通貨で右が取引に使用する通貨になります。

では購入する通貨の数量を決めて購入してみましょう。販売所で購入する際は手数料が含まれている為高めの金額ですが購入量が自分の欲しい分だけすぐに購入できるメリットがあります。板取引では購入量は決められず取引が成立しないと購入が出来ませんが購入価格を自身で決めることが出来るメリットがあります。

購入が成立したら相手からウォレット公開鍵宛に送金されてきますので確認してみて下さい。売却する時も販売所や板取引で行いますが、板取引が成立して相手に送金するときに手数料がかかりますので手数料分の通貨が必要になります。

最後に…

最後に、仮想通貨を売買する際はすべて自己責任になります購入することによって利益を生み出すこともありますがもちろん損失を出すこともあり資産が減ってしまうこともあります。その為初めは余剰資金での取引をおすすめします。

また通貨の取引によって利益が出たら納税の義務が課せられる場合もありますので、簡単に取引はできますがその間に基本的な知識を入れておくほうがいいでしょう




関連記事一覧