ICO参加に不可欠な取引所、おすすめはどこ?

コインチェック

icoに参加するためには、取引できる場所を利用しなければいけません。条件として挙げられるのは、「ビットコインまたはイーサリアムが買える」こと。この2つを購入できれば、基本的にicoへの参加は可能になります。いろんな取引所がありますが、オススメはコインチェック・ビットフライヤー・ザイフの3つ。もちろん、自分に合ったところを選んでもOKです。ビットコインやイーサリアムを取り扱っているところは多いので、好みで選択すると良いでしょう。あくまで、この3つがオススメというだけです。

まず、コインチェック。通貨ごとの推移を確認しやすいので、はじめての方でも購入しやすいでしょう。また操作性も高いので使いやすいのがメリット。コインチェックには他に販売所もありますが、ビットコインが購入できるのは取引所になります。販売所は手数料が高いというデメリットはありますが、豊富な通貨を購入することができます。icoはビットコインまたはイーサリアムが購入できたら良いので、取引所で十分です。ただしスマホアプリでは取引所のページは開けないので、必ずパソコンまたはGoogleChrome、safariなどを利用してください。では、購入してみましょう。

注文手順は、1.レートに数字を入れる、2.概算に数字を入れる、3.注文する。レートに数字を入れるには、自分で価格を入力するか、買い板/売り板から選択する2つの方法があります。「よく分からない」という方は、買い板の一番上をクリックすると良いでしょう。概算の入力は、日本円でどれくらい買うか入力するだけでOKです。すべて記入したら、「注文する」をクリックして購入が完了します。

コインチェックはこちら

ビットフライヤー

TVCMでもおなじみのビットフライヤー。安全に取引ができることでも知られており、国内利用者数もNo.1と言われています。そのため、初心者でも始めやすいでしょう。ビットコインやイーサリアム以外にも、ライトコインやモナコインなども利用できます。ビットコインはビットコインキャッシュ、イーサリアムはイーサリアムクラシックも利用可能です。

手数料は、どのコインを送金するかによって変わってくるでしょう。ビットコインなら0.0004BTC。イーサリアムは0.005ETHになります。コインチェックと比較すると、ビットフライヤーのほうが手数料が安くなっています。ちなみに、0.0004BTCは400円程度です。ビットフライヤーは取引と販売ではそれぞれ売買の画面が異なります。金額・手数料も異なるので、事前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

ビットフライヤーへログインしたら、ビットコインの取引ができるボタンをクリックします。ここでは、取引板といって個人間の取引履歴を確認することができます。リアルタイムで価格の変動が確認できるので、それを見ながら数量や価格を入力しましょう。500円分と小さい金額からのビットコインでも取引ができるので、初心者の方でも安心して利用できます。

ビットフライヤーはこちら

ザイフ

ザイフも、人気の取引所です。ここでは、1.簡単売買、2.板を使って注文、3.クレジットカードの3つからビットコインを購入できます。簡単売買では、直接ビットコインを購入できるのが特徴です。欲しい分のビットコインの数を指定したら、「ビットコインを買う」をクリックして完了。簡単売買というだけあって、シンプルでスムーズに購入できるでしょう。板を使って注文する方法は、個人からビットコインを購入できるもの。指値注文ができるので、ビットコインの価格+欲しいビットコインの数量を指定すればOKです。初心者の方は、1で慣れたら2で購入すると良いでしょう。

クレジットカードでは、VISAとマスターカードが選択できます。残念ながら、現在この2つ以外のクレジットカードは利用できませんので、もし所持しているクレジットカードがVISAやマスターカード以外なら簡単売買または板を使って注文する方法を試してみてください。購入ルールは、ビットフライヤーと同じです。

ザイフはこちら

選ぶときのポイント

まず、セキュリティ面でしょう。安心・安全に使えなければ意味がありません。海外ではサイバー攻撃も少ないので、どれだけ安全に取引ができるか、セキュリティがしっかりしているところを選ぶようにしましょう。また、コールドウォレットを採用しているかどうかもチェックしておくと安心です。投資額が大きいほど特に注意しなければいけません。

次に、会社の規模や信頼性です。上場している企業や関連会社などは、資本がきちんとしているので信頼性は高いと言えます。取引手数料も大切でしょう。手数料は、場所によって異なります。ビットフライヤーとコインチェックで比較しましたが、2つの取引所は約600円の差があり、ビットフライヤーのほうが少し手数料が安く利用できます。もちろん、安ければ良いというわけではありません。手数料が安い=サービスレベルが低いということもありますので、あまり手数料だけに振り回されないようにしてください。




関連記事一覧