FATF

FATFが仮想通貨マネーロンダリング対策の国際基準を10月に確定させる

マネー・ロンダリング対策における国際協調を推進するため設立された政府間機関、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)のマーシャル・ビリングズリー米財務次官補(テロ・金融情報担当)が19日、「私たちは仮想通貨に対して単一の方法で適用する、グローバル基準にほぼ至った」とし「10月の本会議で、関連国が一連の基準に合意する物と楽観視している」と述べた。

今年の4月のG20でFATFに仮想通貨に関連する国際基準とガイダンスの改正を緊急要請していた。それを受けてFATFは実務交渉を通じ基準案を策定してきた。10月に総会を開き、仮想通貨を通じたマネーロンダリングを防止する為の、広範な基準を設けて、既存の規制改革案を確定させる計画となっている。

フィナンシャル・タイムズの報道によると、ビリングズリー次官補は「現在のデジタル資産と仮想通貨に関連する、マネーロンダリング防止の標準と精度は部分的で欠陥があり、国内または国際的な金融システムを非常に脆弱にしている」と言及している。




関連記事一覧