Firefox(ファイヤーフォックス)

「Firefox」仮想通貨マイニングのマルウェアスクリプトを自動的にブロック

MozillaはWebブラウザ「Firefox(ファイヤーフォックス)」が、今後のアップデートでパフォーマンス向上の為に、仮想通貨マイニングのマルウェアスクリプトを自動的にブロックすると発表した。既にアンチトラッキング機能など、1部の機能はFirefox Nightlyベータ版で利用可能となっている。

ソース:mozilla

Mozillaの副社長であるNick Nguyen氏によると、サードパーティのスクリプトがユーザーエクスペリエンスを妨げ無い様にする事が目標としている。これらのスクリプトは、一般的にウェブサイトに埋め込まれており、閲覧者の同意無しにパソコンのパワーを掌握する事が出来る。

Nguyen氏は、「識別可能なユーザー情報を目に見えない形で収集したり、ユーザーエクスペリエンスを低下させ様な虚偽の行為がより一般的になってきている」と述べている。

FirefoxのNightlyバージョンは、新機能をテストするために使用されており、問題ない場合、Firefox63リリースでデフォルトで有効になっている。Operaではスマホ向けブラウザでは今年の1月にマイニング行為から保護する機能を導入している。GoogleではPlayストアでマイニングを行うアプリを禁止している。

漫画村でマイニング行為が行われていた

漫画の海賊版サイトとしてニュースでも取り上げられ、話題になった「漫画村」。このサイトの収益は広告で得られているとされていたが、その他に仮想通貨のマイニングでも収益を得ていた。漫画村を見ていた人はある時を境に、漫画村を見るとスマホの電池の減りが異常に早くなったと言う人が増えた。これは漫画村に埋め込まれたマイニングのスクリプトが作動し、PCやスマホのパワーを掌握しマイニングさせていたからだ。

ソースを見れば分かるが、一般のネットユーザーがWebページを閲覧する時に態々チェックする人はいないだろう。動作がおかしいと思ったら、こういう事に利用されている場合があるので注意しておく必要がある。GoogleやAppleはそれぞれのアプリストアでマイニング行為を行うアプリを排除しているが、そういうチェックがなされていないサイトからダウンロードしたアプリには、強制的にマイニングさせる物も多数あるので、そこも注意しておきたい所。




関連記事一覧