JeromePowell(ジェローム・パウエル)

ジェローム・パウエルFRB議長「仮想通貨は本質的な価値が無い、通貨では無い」

18日、米下院金融委員会での証言で米連邦準備制度理事会(FRB)議長ジェローム・パウエル氏が仮想通貨について「本質的な価値が無い為、実質的な通貨では無い」と危険性を警告した。

「一般的な投資家は仮想通貨の価格が上がると予想しているが、実際にその様な保証はない」と発言。更に「通常通貨と言えば支払い決済手段と、価値保存手段が無ければならないのに、仮想通貨は決済用としても広く使われていない上、価格変動が大きく、価値保存手段としても適切ではない」と述べ、実際の貨幣ではないという立場を改めて強調した。

更に仮想通貨の特徴である匿名性によって、マネーロンダリング等の不正行為に使用される可能性があり、中央銀行の立場からも解決すべき課題として浮上しているとした。また、投資家と消費者保護の問題もあり、投資家に大きなリスクを与えると危険性も指摘している。

しかし現段階では仮想通貨市場は十分に大きく無いので、金融システム全体を脅かすレベルに無く、FRBが直接規制する段階では無いとしている。




関連記事一覧