富士通

富士通がブロックチェーンを利用し流通の仕組みを提供する

日本の総合エレクトロニクスメーカーでありITサービス国内首位・世界上位の富士通がブロックチェーンを利用しポイントやスタンプ、クーポンなどの流通の仕組みを提供するクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution ブロックチェーンアセットサービス」を6月6日より販売開始した。

ソース:富士通

当社は、ブロックチェーンを活用し、観光地や商店街、商業施設などの特定地域で期限内に利用できるデジタルなポイントやスタンプ、クーポンなどの流通の仕組みを提供するクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution ブロックチェーンアセットサービス」(以下、ブロックチェーンアセットサービス)を6月6日より販売開始します。

本サービスにより、利用者は、特定の地域内に設置されたQRコードなどをスマートデバイスで読み込むことで獲得できる、デジタル化されたポイントやスタンプを取得し、特定地域内の店舗や商業施設で使用することが可能なクーポンなどに変換することができます。また、ブロックチェーンの分散台帳上に記録されるポイントやスタンプ、クーポンなどの取得・使用データを利用者情報と紐づけて分析することができます。

これにより、お客様は、観光地や商業施設内で開催されるイベントなどと本サービスを連動させることで、集客率の向上や購買意欲の増進につなげつつ、分析結果として得られる利用者の行動パターンやクーポンなどの使用状況などから、より地域活性化に効果的な戦略を立案することが可能になります。

ブロックチェーンアセットサービス紹介サイト

マスターカードがブロックチェーンを利用して、クーポン詐欺を防ぎ、特定のユーザーに特定のクーポンを付与する特許を取っていましたが、それと似た様な使い方を想定している様です。

サービス提供側は利用者の趣向に合わせたポイントやクーポンの配布が出来る上に、詐欺も防げ、利用状況なども分かる。利用者側からは自分だけに合ったクーポンの配布など得られるメリットがある。

利用料は月額費用150万円からとなっており、現在の価格では大企業にしかマーケティングに使えない。




関連記事一覧