預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」

預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」は詐欺 リスクだらけで危険なので注意が必要

預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」とは?

「お金を預けておくだけで残高が毎年1.5倍~2倍になる」

「平均月利8%で、資産の価値が上がり続ける」

預けたお金が「年利50%〜100%」で増え続けるGAM Payのお試し版「GAM Pay β版」

まず、超高利回りである為、簡単に詐欺だろうと推測できる。もう少しリアリティある数字でやる所も多いが、バレても一部の愚かな人たちを騙せればいいと言う認識だろう。この利益を確実に出せる様に言っている時点で危険だし、金融商品だったら法律に完全アウト。

何で利益を上げて行くのかを明らかにしていないが、利益が無いとユーザーへの利払いや、運営側の運営費や利益が出せない。展開予想としては、こちらも詐欺ではと話題の「プラストークン」と同様に、預け入れた資産を基に運用し利益を出すと言う形にするのではないかと思う。運得ようしない限り、平均月利8%、運営の経費や利益を入れると10%以上を稼ぐ事は不可能だろうから。(プラストークンは月利30%程度を稼がなければならない)。

プラストークン同様に怪しいアフィリエイターばかりが、こぞって紹介している点も危険度が高いと予想できる。

預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」はオンラインゲームで収益を上げる予定

動画第2弾公開によりオンラインゲームで収益を上げると発表された。

15兆円のゲーム市場

1,コンシューマー市場
2,オンラインプラットフォーム市場
3,ソーシャルアプリ市場

その中でも今現在、大半を占めているのがソーシャルアプリ(ゲーム)市場なのです。ゲーム開発企業をパートナーとしそこで開発されたゲームの売上の一部をGAM Payに資金が循環される仕組みを実現しています。

リリースされるゲームの売上でGAM Payの基軸通貨を買い支えていくことによって、GAM Payの価値が上がっていくのです。あなたがGAM Payに預金するお金がリリースされるゲームの資金として投資され、そのゲームの買い上げ配当を発生することによりGAM Payの価値が上がり続け年間で50〜100%の値上がりの恩恵を受ける事ができるのです。ゲーム内アイテムの交換やら、ゲームで遊んだアイテムがすべて、現実世界でキャッシュレスとして利確できます。

つまり、ゲーム内で富裕層に慣れれば、現実世界でも豊かになれるということです。「遊びながら生きていける世界」が、実現しようとしています。

GAM Payが迎える第1弾の提携企業によるゲームは「ソーシャルゲーム」とされています。開発パートナーは既に決まっており、リリースされるゲームの第1弾も決まっています。完成が来年の4月ごろにリリース予定最低でも50%〜100%の年利を実現可能とするのです。

買い支えていく企業が増える=トークンはより高騰しGAM Payの利率が増える。つまり、年利100〜300%以上の利回りで増えていく可能性も大いにあるということです。

ゲーム開発の為の資金を集め、それを使いゲームを作成、そのゲームの売り上げの一部を還元すると言う話です。そもそもゲームの売り上げ継続してあり、大きく利益を出し続けないと成立しない話だが、利益を確定的に伝えている所に非常に悪意を感じる。

インタビュアー馬場伸樹、開発者が菅野けいとは?

馬場伸樹

菅野けい

インタビュアー馬場伸樹、開発者が菅野けい、この2人の対談形式の動画で預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」をお勧めしている。

グーグルで「馬場伸樹」と検索すれば直ぐに分かるが、情報商材の詐欺案件に多く関わっている人物だと分かる。菅野けいと言う人物は詳細不明だが、情報商材屋が用意した人物だろう。こういうグループは手を変え品を変えで商材と広告塔を用意していく。

こういう人物が絡んでいるだけでも、どういう事がこれから始まるのか予想がある程度出来る。

 

預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」のPR方法が違法を暗示

預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」は詐欺02

預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」は詐欺03

1.年利50%〜100%、平均月利8%

将来的な年利は、200%や300%になることも十分に想定されているのです。

「お金を預けておくだけで残高が毎年1.5倍~2倍になる」「平均月利8%で、資産の価値が上がり続ける」預けたお金が「年利50%〜100%」で増え続けるとし、全くリスクが無くお金が勝手に増えていく事を売りにしている。まだ中身がハッキリしないが、パターンによっては即アウトな方法となっている可能性がある。第2弾動画が公開され、そのページでは更に大きな利益を謳っている。

2.法定通貨より安全

フィアット(法定通貨)より安全で価値のある資産であると言い切っている。その根拠もなく、ただ訪れた人を不安に陥れる方法を取っている。

3.全世界どこでもキャッシュレス決済が可能

預け入れたお金をどの様に使える様にするのか判明していないが、全世界どこでもと言い切っている点。仮想通貨、ウェブマネーなどはかなり限定された場所だけで使えます。世界でと考えると、やはりクレジットカードが1番使える場所が多いでしょう。しかし、クレジットカードが全世界どこでも決済可能でしょうか?それを上回る方法を既に用意していると言う事で、これが実現出来ていなかったら詐欺でしょう。

4.子孫に引き継ぐ事のできる資産

5年・10年・30年とお子さん、お孫さんの世代まで資産を引き継ぐ事が出来る。

銀行に入れた預金は引き継ぐ際には相続税や贈与税が掛かるが、それを回避できると言う事で、これは明らかに脱税を幇助すると言う事で違法でしょう。脱税は重い罪で、幇助した人にも刑事罰もあり得るとなっています。ここだけの文言でも既にアウトでしょう。

5.銀行と差異は無い

銀行に100万円を預けているのと、GAM Pay Walletに100万円を預けていることには、「預け場所が違う」という差しかありません。

これが最大の利点になりますが、資産を子孫に引き継ぐことが出来ます。従来の革財布をお子さんやお孫さんにプレゼントする感覚で、GAM Payも譲渡することができます。

預け場所が違うと言う差しか無いとしているので、それ以外では銀行と差異は無いと言う事。当たり前ですが銀行業は免許が必要です。銀行は預け入れられた資産を運用し利益を出します。それと差異は無く、あるのは利率が違うだけと言う事で、これも、ここだけの文言でアウトでしょう。

6.消費増税から逃れられる

来年2019年には、消費税が8%から「10%」になりますが、これもキャッシュレスの足音の一つです。消費税増税には、一部の特例ルールが検討されており、「キャッシュレスで決済すれば2%の税金はかからない」というルールが考えられています。この波に乗れるか乗り遅れるかで、将来の資産はどんどん開いていくでしょう。キャッシュレス決済を取り入れるか、今までどおり現金で支払いをするかという違いだけで、買い物をするたびに片方は2%余計に税金がかかり、片方は2%の税金はかからないつまり、「買い物をするたびに2%ずつ資産に開きが出てくる」ということであり、言うなれば、キャッシュレス決済を取り入れれば、消費税増額の影響は受けないと言うことすらできるでしょう。

各社の報道で政府は消費増税時の経済対策として、キャッシュレス決済を行った人には2%をポイント還元する可能性があるとしているが、これは何も全く決まっていない話。更に、もし実施されたとしても期間は2019年10月から数ヶ月間に限る予定と報道されている。更に実施の場合は中小店舗に限るとされているので、この解説の様にずっと続く様な印象は事実誤認をさせます。キャッシュレス決済手段を持たない貧困層をどうするか、決済機器導入が出来ない中小をどうするかなど、問題や批判は多く議論は煮詰まっていません。

7.現金の価値がなくなる、完全キャッシュレスになる、円に価値は無くなる

現金で支払えるお店が減り、現金を持っていてもお金のとしての価値を持ち合わせていないと言い切っている。次なる世代においては、現金という現物は存在しません

とまで言い切っている。更にキャッシュレス化を進める為に高額紙幣廃止の可能性に言及し、例として

昨年11月には突如、インドが1000ルピー(約1700円)紙幣と500ルピー紙幣を廃止しました。

と書いているが、これは偽札やブラックマネー対策の為に行われた物であり、全く意図が違います。加えて「円」には価値が無い「資産を失う危険性が非常に高い」と指摘しているが、国際決済通貨であり、世界三大通貨の1つである円をここまで切り捨てるのも凄い。

フィアット(円やドルなどの法定通貨)は、電子決済社会、仮想通貨の登場により、どんどん不要になっていきます。

と説明しているが、そもそも「価値の尺度」「価値の交換」「価値の保存」と言う法定通貨が持っている機能すら理解していない解説を行っている。

 

その他、預金ウォレット「GAM Pay(ガムペイ)」が詐欺の可能性が推測される部分

1.ドメインが複数

official-gampay.jp
取得者:Matubara Taisi
取得日:2018-10-22

official-gampay.com
取得日:2018-10-21

現在、判明しているだけでドメインは2つある。詐欺企業に多いパターン。トップページには何も作らず下部ページで展開していくのも同様の傾向です。無料配布でリスト集める為なので、no indexになっている.comを検索結果に表示させない様にする為でもありますが、まともな企業は別の手段を取ります。詐欺商材屋はこういう方法ばかりです。.jpには集客用に似た様な2ページが存在。

今だけ残高1万円プレゼント中!無料プレゼント終了まで:08分00秒と表示されるが、この時間部分もページを再読み込みすれば8分に戻るので、たんなる煽り機能であり、これもまた詐欺的な物に多く使われます。

お試し版「GAM Pay β版」

預けたお金が「年利50%〜100%」で増え続けるGAM Payのお試し版「GAM Pay β版」としているので、もしかすると正式バージョンがリリースされたら、そちらの利用にはお金が掛かる可能性もあります。これはまだ分かりませんが、この辺りも注意は必要でしょう。

 




関連記事一覧