GMOインターネット

GMOインターネット円ペッグ通貨「GMO Japanese YEN(GJY)」発行を発表

9日、GMOインターネット株式会社は、2019年度に日本円と連動したステーブルコイン(円ペッグ通貨)「GMO Japanese YEN(GJY)」をアジア地域で発行すると発表した。

ソース:GMOインターネット株式会社

GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、仮想通貨事業の領域における「決済」への参入を見据え、価値の安定した仮想通貨のステーブルコインを発行するべく、本格的に準備を開始いたします。

ステーブルコインとは、主に法定通貨により価値を裏付ける等の方法で価格の安定性を持たせた仮想通貨です。GMOインターネットでは、法定通貨の日本円と連動した『円ペッグ通貨』を、GMOインターネットグループの海外戦略における統一ブランド(グローバル・ブランド)「Z.com」を通じ、「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」として、2019年度を目処にアジア地域へ向けて発行を開始する予定です。

GMOインターネットは、仮想通貨事業を戦略的事業分野と位置づけ、これまでに仮想通貨の交換事業及びマイニング事業を展開しており、この度の『円ペッグ通貨』の発行を皮切りに、仮想通貨のボーダレスな取引を支援してまいります。

ステーブルコインは法定通貨と1対1でレートが固定されているので、価格変動(ボラティリティ)が安定しており、投機対象にはなり難いが安定性があるので、決済用の通貨として普及する可能性がある他、仮想通貨価格が大きく揺らいだ時の避難先にもなる。

日本円ペッグコインとしては、今年の6月にNEMウォレットを手掛けるLCNEMが世界初の日本円トークンを含むステーブルコインの販売を開始している。更に中国の杭州市政府が支援している10億ドルのブロックチェーンファンド「杭州グランドショアファンド」の創設パートナー「Grandshores Technology Group」が円建てのトークンを発行し、1億香港ドル(約14億円)を調達する予定だ。

それ以前にドルペッグコインは幾つも作られており、直近ではウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所ジェミニが、独自のコインとしてドルペッグコインを発表している。




関連記事一覧