【図解】bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設・口座登録方法・手続き手順15

仮想通貨GoChain(GO)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨GoChain(GO)とは?特徴・注目点

GO(GoChain)はスマートコントラクトとDappsをサポートするスケーラブルです。イーサリアムベースのスマートコントラクトブロックチェーンのため、処理スピードも速く環境に優しく安全性にも優れています。DAppとスマートコントラクトのメンバーは、イーサリアムの欠点と言われている処理能力を改善すべく、EthereumからGoChainへ切り替えることで向上を図ってきました。

具体的には、現状のイーサリアムブロックチェーンで試した場合でも1秒間に1,300回という今までの100倍もの取引処理が可能だと言われています。その他にも、1,000分の1の消費電力をおさえ、ビットコインなどのようなマイニングファームが中国などの1カ所に集中する構造を解消すると言われています。

10倍以上の分散化

現在のマイニングは中国の企業によって70%以上実施されています。しかもその多くは数社によって運営されています。このまま継続すると支配される危険性や開放型地方分権化の目的に反する結果となりました。
GoChainはノードを無関係の人や企業が運営する場合、異なる国に置くように強制的に実施するようです。

毎秒100倍のトランザクション

GoChainは、非常に高いトランザクション量と高速検証をサポートします。 現在イーサリアムは1秒間に13トランザクションの処理が可能です。この現況だと世界中へ送金を行うのは困難だと言えます。GoChainは1秒間に1300トランザクションの処理へ向けて開発を進めています。

1/1000のエネルギー

ビットコインネットワークを実行するための消費エネルギーは、350万以上の家庭の電気の消費量に匹敵し、100万人に対して電力を供給することが可能です。GoChainの開発チームはこの現実が継続困難だと考えており、これまでの1/1000のエネルギーでの運用を目指しています。

GoChain(GO)の注目点1.コストも低くパフォーマンスも高い高性能なイーサリアムを目指している

2.Bitcoinの1/1000の少ないエネルギー消費の仮想通貨である

3.ノードを無関係の個人、法人が運営するよう強制

4.秒間1,300回の取引処理が可能

近年、仮想通貨の話題が良くも悪くも多く認知度が上がるにつれて実際に使用する方も増加傾向にあります。そんな中で法定通貨の代用としては、送金処理が不安定で遅かったり、膨大な消費電力が必要であったり、個人でマイニングができると奨励されながら業者による集中が際立っています。Go chainはこの問題を課題として、通貨の開発を進めています。

仮想通貨GoChain(GO)/BTCのテクニカル分析

仮想通貨GoChain(GO)現在の価格データ

仮想通貨GoChain(GO)現在の価格チャート


仮想通貨GoChain(GO)基本データ

発行元
シンボル(通貨記号) GO
公開日 2018年2月
総発行枚数と販売枚数 10憶枚(5億枚)
ICO価格 ハードキャップ:26,500 ETH
ソフトキャップ:2,500 ETH
ブロックチェーンタイプ ETHベース
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube
DISCORD

 

仮想通貨GoChain(GO)の将来性・今後の見通し

仮想通貨の認知度は格段に上がっており法定通貨に代わる暗号通貨としての注目はされつつありますが、現実問題として利用者が少ないのは事実であり、今後の実用性は不明なのが現状です。多様な目的で利便性は高く、普及が進めばそれなりの通貨として認知されるとは思いますが、送金が実施されなかったり不安定であれば普及そのものが危ぶまれます。

今後仮想通貨が普及するためには、処理能力の向上は必要不可欠です。また、今までの欠点を補いつつ、エネルギー問題などの改善にも取り組んでいるGoChainは、期待できると考えます。

仮想通貨GoChain(GO)対応ウォレット

マイイーサウォレット

仮想通貨GoChain(GO)の評判・口コミ

仮想通貨GoChain(GO)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

Binance、Bittrex、UpbitでBTCで購入可能です。




関連記事一覧