Google

グーグルが仮想通貨交換所の広告を来月から許可する事を発表

「金融商品およびサービス」ポリシーの更新と題されたリリースの中で

ソース:グーグル

2018 年 10 月に金融商品およびサービスに関する Google 広告のポリシーが更新され、規制対象の暗号通貨取引を米国と日本において宣伝することが許可されるようになります。

広告主様は、ご自身の広告の配信先となる国ごとに Google の承認を受ける必要があります。10 月に更新されたポリシーが施行されると、広告主様は承認を申請することができるようになります。

このポリシーは、これらの金融商品を宣伝するすべてのアカウントに世界の全地域で適用されます。

と発表し、日米で仮想通貨交換所の広告を許可する事を明らかにした。グーグルを始め様々なIT企業が仮想通貨、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)等に関する広告を禁止しているが、今年の6月にフェイスブックが規制緩和を行っていた。

この変更について詳細はまだ分かっていないが、それぞれの国の規制の範囲に加え、グーグル独自の審査もクリアした広告が掲載される様になる。広告主は10月にポリシーが適用されてから広告申請を行う事が可能になる。




関連記事一覧