グーグル認証アプリ「Google Authenticator」設定・使い方

グーグル認証アプリ「Google Authenticator」設定・使い方

仮想通貨取引所に登録する際にセキュリティ強化の為に2段階認証の設定を求められる事は多いです。その際に携帯電話・スマホのSMSによる認証方法と共に、グーグル認証アプリ「Google Authenticator」による2段階認証を推奨している取引所が多いですが、使い方が分から無いと言う人も少なくないので、分かり易く解説します。

1.アプリのインストール

先ずはご自分のスマートフォンにアプリをインストールして下さい。

AppStore

Google Play

2.アプリに各アカウント情報を追加する

アプリを起動し、ご自分のグーグルアカウントにログインし、アプリに各アカウント情報を追加するだけです。

グーグル認証アプリ「Google Authenticator」設定・使い方02

右下の赤丸プラスボタンを押すと、バーコードリーダーかテキスト入力でアカウント情報を追加出来ます。例えばZaifに登録の際の2段階認証の場合、Zaifから2段階認証設定画面でバーコードリーダーが表示されるので、それを読み込めば直ぐに認識し、上記の画像の様に6桁の数字が標示されます。これを入力すれば完了です。

画像を見て分かる様に、私は複数のグーグルアカウント、Zaif、バイナンス等の2段階認証に利用しています。この様に複数のサイトの認証を1つのアプリで行う事が可能です。

アカウント追加後は

アカウント追加後、各サイトにログイン時、入出金時、大切な情報の変更時などにはログインID、パスワードだけではなく、2段階認証で6つの数字が必要になるので、セキュリティーは強化されます。これらの設定は各サイトで2段階認証を行う動作を選べる様になっているので、お好みに合わせて設定しましょう。

この数字はサイト側から求められた際には、その都度変更されるので、アプリを見て確認が必要です。それまで表示されていた古い数字は使えなくなります。信頼出来るデバイスからのアクセスの場合だけ、その都度求められる事が無くなります。

バックアップコードを保管する

セキュリティの強化は良いですが、スマホが壊れた、アクセスできない状態などの場合、どうやって2段階認証を解除したら良いのかと悩む人もいると思います。そういう時の為に、必ずバックアップコードが出力されるので、これをどこかに保管しておく必要があります。出来ればネットから切り離した環境で、自分以外が触れない場所などが良いでしょう。

グーグル認証アプリ「Google Authenticator」バックアップコード

この様な感じで1度限り使えるバックアップコードが10個用意されます。もしもの時の為に必ず控えておいて下さい。




関連記事一覧