仮想通貨GXChain(GXS)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨GXChain(GXS)とは?特徴・注目点

公信宝(GXB)という中国の企業が開発した仮想通貨を「GXChain(GXS)」と言います。もともとは「Gushers」という名前でしたが開発元の企業の名称変更に伴い通貨の名称も変更となりました。公信宝はネット上のデータを取引する際に安全に転送することを目的にしたデータの取引場所を提供している企業です。

「GXChain」はブロックチェーン上で契約企業の情報を管理して企業間のデータ取引を行う際にのみ安全な場所(プラットフォーム)を提供しています。その為データの管理は分散型(登録企業自体での情報の管理)となっていて、企業情報の漏洩、第三者による改ざん、著作権問題等が「GXChain」のプラットフォームで起きることはありません。また取引した際の記録が公開される為、第三者(内部犯も)が万が一改ざんなどを行ったとしてもすぐにわかるようになっています。

このことから「GXChain」は「ブリッジ通貨」と言われ「ブリッジ通貨」の代表的な仮想通貨リップルのように、異なる法定通貨を自社のブロックチェーン上で両替して世界中に送金する作業に加え、「GXChain」では企業や個人のデータも取り扱うことによって金融関係以外の企業も利用することが可能になっています。

例えば個人情報を扱う企業が何社も「GXChain」に登録していれば、個人情報の照会を行う際に簡単かつ安全に行うことが出来ます。特に人口11億を誇る中国にとっては非常に便利なものになるでしょう。すでに中国での商用化が進んでいて、100社を超える企業が登録をして利用しています。また、会社の拠点をシンガポール、英国、米国、日本、中国に置くことにより世界市場の拡大を目指しています。

GXChain(GXS)1.ブロックチェーン上で契約企業の情報を管理して企業間のデータ取引を行うプラットフォームを提供する会社

2.異なる法定通貨を自社のブロックチェーン上で両替して世界中に送金

3.企業や個人のデータも取り扱うことによって金融関係以外の企業も利用可能

4.既に100社を超える企業が登録

仮想通貨GXChain(GXS)/BTCのテクニカル分析

仮想通貨GXChain(GXS)現在の価格データ

仮想通貨GXChain(GXS)現在の価格チャート


仮想通貨GXChain(GXS)基本データ

発行元 公信宝
シンボル(通貨記号) GXS
公開日 2017年6月
総発行枚数と販売枚数 1億枚(6000万枚)
ICO価格 $0.0002
ブロックチェーンタイプ ERC20トークン
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら
DISCORD

 

仮想通貨GXChain(GXS)の将来性・今後の見通し

「Houobi」(フオビ)や「Binance」(バイナンス)等大手取引所に上場していることから認知度が高いため流動性にに富んでいて市場で動く枚数が約6千万枚なので流動性に富んで売買が行いやすい通貨と言えます。

今後、企業間だけでなく個人でのデータの取引にも対応したり、国外の企業ユーザーを増やしていくことが「GXChain」の将来に関ってくると思いますが、中国CCID(北京情報センター)が行う国際的なパブリックブロックチェーンの格付けで1位イオス、2位イーサリアム・・・13位リップル、16位ビットコインと主要仮想通貨が軒並みエントリーされる中、全31種類の仮想通貨の中で初登場、4位という好順位に付けたことからこれからの成長を見込める仮想通貨となるのではないでしょうか。

中国CCIDの格付けの通貨の選考基準

1、独立したメインチェーンを保有している。

2、パブリックチェーンノードの作成が自由にできる。

3、オープンソースコード

4、オープンブロックブラウザであり、ブロックの情報が可視化されている。

5、企業の技術や開発におけるホームページがあり連絡可能である。

これが備わったうえで、基本的な技術レベル、アプリケーションレベル、革新性で採点されランキングに反映されます。

仮想通貨GXChain(GXS)対応ウォレット

ホームページのトップで独自ウォレットがダウンロードできます。

仮想通貨GXChain(GXS)の評判・口コミ

仮想通貨GXChain(GXS)購入方法(買い方)

Huobi、Bianance、Bit-z等で購入できます。




関連記事一覧